レオパードゲッコーを飼うのに必要なものは?初期費用っていくらかかるの?

ペットとして大人気の爬虫類、レオパードゲッコー(ヒョウモントカゲモドキとも呼びます)。

 

爬虫類って飼うために飼育用品がいろいろ必要なんでしょ?何がいるのかよく分からない!

 

という爬虫類初心者の方は多いはず…。

 

実は、爬虫類の中でもレオパードゲッコーを飼うために必要な飼育用品は多くなく、初期費用も2万円あれば飼えちゃうんです。

 

このページでは、レオパードゲッコーを飼うために必要な飼育用品とその初期費用についてまとめています。

 

このページはこんな人におすすめ

・レオパードゲッコーを飼いたいけど必要な飼育用品が分からない!

・レオパードゲッコーに興味があるので初期費用を知りたい!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

これを買えば大丈夫!レオパードゲッコーを飼うのに必要な飼育用品

 

ケージ

 

ケージの大きさは、最低でも幅40cmくらいは欲しいところです。

 

理想は幅50~60cmですね。

 

レオパなどの小型爬虫類用の30cmくらいのケージも販売されています。

 

しかし、レオパは大人になると体長が20~25cmくらいにまでなるので、それでは小さすぎます。

 

また、ケージが小さいと温度調整が難しくなるので、ケージは大きい方が良いでしょう。

 

おすすめケージ

・ガラスケージ

 

重いのが難点ですが、様々な種類が販売されていて価格も1万円前後となっています。

 

おすすめは、SANKOのパンテオンシリーズか、GEXのグラステラリウムシリーズです。

 

 

 

 

・アクリルケージ

 

軽くて扱いやすいのが特徴です。

 

オーダーメイドで作成してくれる「きなとのケージ屋さん」や既製品は比較的安価な「ねくすとショップ」が人気です。

 

少し値が張るのが難点ですね。

 

最近は価格を抑えたアクリルケージを各メーカーが販売し始めましたが、サイズが小さすぎたり、保温器具を付けられなかったりと不便な部分があります。

 

その中でも、SANKOのレプタイルボックスワイドは幅が40cmで大きさはクリアしています。

 

天井に保温器具を付けられないので、ケージの上からなんらかの形で保温する必要があります。

 

 

 

 

 

 

シェルター(寝床)

 

レオパは夜行性ですので、昼間は暗い場所で眠っています。

 

隠れる場所を作ってあげる意味でも、シェルターを用意してあげましょう。

 

大きさは、大きすぎると落ち着かないので、身体の大きさにあったものを選びます。

 

ベビーの場合はSサイズやMサイズ、成長したらLサイズにするなど買い替えが必要になります。

 

人気のシェルター

・スドー ウェットシェルター

 

レオパのシェルターと言えばコレと言っていいほど、一番人気です。

 

こちらの商品は、シェルターの上部に水を入れることができ、湿度を上げる効果も期待できます。

価格も安く便利ですが、一方で白いカビが生えやすいので注意が必要です。

 

 

また、最近は可愛いシェルターも販売されているので、ケージの雰囲気に合わせて選んであげるのも良いかと思います。

 

 

 

保温器具

 

レオパは爬虫類のため、自分で体温を調整することが出来ません。

 

ですので、夏でも身体を温める保温器具が必要になります。

 

ケージ内の一番高い温度が28~30℃、低い場所で25℃前後になるようにしましょう。

 

このように、ケージ内で温度差を作ることを「温度勾配を作る」と言います。

 

この温度勾配を作ることで、レオパ自身が移動することで自分で温度を調節してくれるのです。

 

 

レオパ飼育者の多くは、暖突という遠赤外線ヒーターとパネルヒーターを併用しています。

 

上から暖突、下からパネルヒーターで温めるイメージです。

 

 

おすすめの保温器具

・暖突

 

遠赤外線のため、表面温度が上がらないのでレオパが触れても火傷しにくく作られています。

 

そのままでも使えますが、後述するサーモスタットに繋げることで、自動で温度調節が可能となります。

 

幅45cmまでのケージならSサイズがちょうど良いです。

 

 

 

・GEX レプタイルヒートもしくは、みどり商会 ピタリ適温プラス

 

パネルヒーターは、どのメーカーのものも大差はありません。

 

温度調節機能が付いているものもありますが、その分値段が上がるので、温度調節機能のない安価なタイプのもので十分かと思います。

 

 

 

サーモスタット

 

保温器具に繋げることで、設定温度以上になったら自動で保温器具をオフにしてくれます。

 

設定温度以下になると再びオンになります。

 

ケージ内を一定温度に保つためには必須のアイテムです。

 

 

おすすめのサーモスタット

GEX サーモスタット NX003N

 

爬虫類用のサーモスタットは3000円以上はするのですが、観賞魚用のこのサーモスタットは2000円以下で購入できます。

 

観賞魚用ですが、1年半使用して不具合が出たことはありません。

 

ただし、保障は出来ませんので、自己責任でお願いします。

 

 

湿温度計

 

温度、湿度が適正でないと、レオパは体調を崩すことになるでしょう。

 

そのために、温度や湿度を確認できる湿温度計は必須です。

 

アナログタイプとデジタルタイプがあります。

 

デジタルタイプの湿温度計には、温度センサーだけをケージ内に設置し、モニターはケージ外に取り付けるものもあり、ケージ内をスッキリ見せることが出来ます。

 

100円ショップなどにも売っていますが、あまり精度が良くありませんので、ある程度精度の保たれた商品を選ぶようにします。

 

そして、

温度勾配をつけている温度を高くしている場所と、低い場所の2か所に設置すると良いでしょう。

 

温度を高くしている場所は十分な温度に達しているか、低くしている場所はきちんと低くなっているかを確認するためです。

 

夏はケージ全体が温まりやすく、低く設定しているはずが温度が高くなってしまっていることがあります。

 

そういうときに、室温を下げる目安になりますので、2か所の設置が好ましいでしょう。

 

おすすめの湿温度計

・ニチドウ マルチ湿・温度計

 

センサー部分だけをケージ内に設置するタイプの湿温度計で、このタイプの中では一番安く購入できます。

 

また、最高湿温度と最低湿温度を記録してくれるので、温度の上がり過ぎや下がり過ぎをチェックすることが出来て便利です。

 

 

 

水入れ

 

深すぎず、ある程度の重みがあればどんな容器でもかまいません。

 

大きさも、直径5~10cm程度のもので十分です。

 

人気の水入れ

・スドー レプタイルディッシュS

 

ふちに返しのついたお皿で、餌の昆虫などを入れるとお皿から出れないような設計になっています。

 

餌入れとしてだけでなく水入れにも使うことが出来ます。

 

 

 

・GEX ウォーターディッシュS

 

ゴツゴツした岩をイメージして作られており、ナチュラルレイアウトのケージに違和感なく置くことが出来ます。

 

 

床材

 

ケージの底に敷く砂やソイル(土を固めて粒状にしたもの)のことです。

 

 

なにより、見た目が非常に綺麗です。

 

それから、レオパが穴掘りをしたりとストレス発散にもなります。

 

デメリットは粒が小さいのでレオパが誤食してしまう可能性があることです。

 

特に、ベビーの場合はその確率は非常に高くなるでしょう。

 

もし使いたいのであれば、大人になってからにすると安心です。

 

砂の床材でおすすめは、ワイルドプラネットのカルシウムサンドです。

 

明るい色味で、レオパの色が綺麗に生えます。

 

 

ソイル

 

土を固めて作られたもので、ニオイの消臭効果や保湿効果もあります。

 

粒が大きく誤食が少ないこともポイントです。

 

色味はブラウンやブラックのため、より野生のレオパの環境に近づけることが出来ます。

 

 

キッチンペーパー

 

床材としてキッチンペーパーを使っている飼い主さんも多いです。

 

誤食の危険性が低く、汚れたらすぐに取り換えられてコストもかからない点が人気の理由です。

 

特に最近販売されている人工餌をあげるときに、砂やソイルだと餌にくっついてしまって誤食してしまうおそれがあります。

 

対策として、ごはんのときだけ下にキッチンペーパーを敷いている方もいます。

 

 

 

餌の種類は、活き餌・冷凍餌・乾燥餌・人工餌があります。

 

活き餌

 

活きた昆虫のことです。

 

レオパは野生では、昆虫を食べて生活しています。

 

飼育下では、コオロギ・デュビア(アルゼンチンモリゴキブリ)・レッドローチ・ミルワーム・シルクワーム・ハニーワームが主流です。

 

栄養面から、コオロギかデュビア、レッドローチが良いと思います。

 

ただ、活き餌となる昆虫も飼育しなければならないので、昆虫の苦手な方には難しいかもしれません。

 

活き餌・冷凍餌・乾燥餌で有名な月夜野ファームさんのコオロギがおすすめです。

 

デュビアの通販店を比較

  きゃっぷこんにちは、ペットブロガーのきゃっぷ(@cap0504_life)です。レオパードゲッコーの飼育では、活き餌はコオロギが主流だと思います。 で[…]

 

 

冷凍餌

 

冷凍された昆虫のことです。

 

自然解凍するか、容器の外からお湯で温めて解凍してあげます。

 

冷凍保存ができるので、昆虫を飼う必要もなく非常に便利です。

 

ただし、食べてくれる子は多いですが、活き餌より食いつきは落ちます。

 

乾燥餌

 

乾燥させた昆虫です。

 

そのままあげるか、お湯や水でふやかしてからあげます。

 

栄養面の不安もありますが、そもそも食べない子も多いようです。

 

人工餌

 

最近発売され、昆虫の苦手な方もレオパを飼育できるようになった画期的な商品です。

 

メーカーによると、人工餌だけで飼育から繁殖まで成功させているとのことです。

 

ただ、食べない子も多く、この餌で飼育していると成長が遅いとの報告もあります。

 

人気の人工餌

・レオパゲル

 

ゲル状の弾力のある人工餌です。

 

チューブの口からあげる分を出して、ピンセットでちぎります。

 

冷蔵保存で消費期限が短いので注意が必要です。

 

 

 

・レオパブレンド

 

ペレットタイプの人工餌で、水でふやかしてあげます。

 

食いつきも良いと評判です。

 

室温保存が効くのもメリットです。

 

 

 

・レパシー グラブパイ

 

粉末状の人工餌で、お湯と混ぜて自分で作ります。

 

少し手間ではありますが、1週間分をまとめて作って冷蔵保存することも出来ます。

 

粉末の状態なら、冷凍庫で半年もちます。

 

 

 

 

 

カルシウム剤

 

人工餌の場合は必要ありませんが、活き餌・冷凍餌・乾燥餌にはカルシウム剤をかけてあげます。

 

色々なメーカーが販売していますが、大きな違いはないです。

 

GEXかポゴナ・クラブのものが安価で人気です。

 

 

 

ピンセット

 

餌をあげるときに使用します。

 

あまり大きすぎるものだと上手く掴めなかったりするので、使いやすいものを選んで下さい。

 

柄が長いものだと便利ですよ。

 

 

 

レオパードゲッコーを飼うために必要な初期費用はいくら?

 

 

次に、初期費用についてみていきましょう。

 

ここでは、上記であげた飼育用品(餌以外)を全て購入すると考えて計算します。

 

ただ、どのケージを選ぶかによってかなり誤差がでますので、45cmケージのパンテオン4535(最低価格7500円)選んだとしましょう。

 

ケージパンテオン45357500円
シェルタースドー ウェットシェルターM550円
保温器具暖突 S4500円
ピタリ適温プラス 1号1950円
サーモスタットGEX サーモスタット NX003N1800円
湿温度計ニチドウ マルチ湿・温度計1500円
水入れGEX ウォーターデッシュS500円
床材キッチンペーパー
カルシウム剤GEX カルシウム+ビタミンD3400円
ピンセット300円
合計 1万9000円

 

餌以外の飼育用品を全て揃えても初期費用万9000円ですみます。

 

床材のキッチンペーパーは自宅にある方も多いと思うので、今回は費用に含みませんでした。

 

家にない方でも、100円ショップで手に入るのでここでは換算しないことにします。

 

床材をキッチンペーパーではなく、ソイルや砂にする方はこれにプラス1000円と考えてもらったら良いかと思います。

 

初期費用が意外とかからないことがわかったので、余裕のある方はケージをランクアップさせても良いかもしれませんね。

 

 

レオパードゲッコー飼育の初期費用 まとめ

 

 

レオパードゲッコーの飼育に必要な用品とその初期費用のご紹介でした。

 

 色々な器具を用意しなくてはならない昼行性の爬虫類や大型の爬虫類に比べて、かなりハードルは低いと思います。

 

 初期費用が1万9000円ですむため、学生さんのお小遣いでも飼うことが出来ます。

 

「爬虫類の飼育ってお金がかかりそう」というイメージが払しょくできて、少しでもレオパ飼ってみようかな、と思ってもらえたら嬉しいです。

 

 

 

ブログランキングに参加しています!

下のバナーをポチッと押して、応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


ペットランキング

 

 

スポンサーリンク