初めて爬虫類を飼う人におすすめ!レオパードゲッコーの飼い方を徹底解説

 

 

 

私が飼う前に思っていたことと実際に飼ってみてのギャップなども含めて、爬虫類を始めて飼おうと思ってる方へレオパードゲッコーの魅力と飼い方をご紹介していきます。

 

 

    私がレオパをお迎えしたときのレポート

【レポート】爬虫類イベントでレオパードゲッコーをお迎え

 

 

 

 

スポンサーリンク

爬虫類を初めて飼う人にレオパードゲッコーをおすすめする理由

 

爬虫類って飼い方が特殊なイメージがありませんか?

 

実際に、爬虫類を飼うためには乗り越えなければいけない壁があります。

 

爬虫類を飼うのが難しい理由

・身体の大きくなる種類も多い

・餌がマウスやラット、もしくは昆虫

・太陽光の代わりに紫外線ライトが必要な種類もいる

 

そんな爬虫類の中でも、レオパードゲッコーは比較的飼いやすく、爬虫類の入門種と言われています。

 

その理由として、1番は1~2mにもなるモニターという種類のトカゲなどに比べ、身体が小さいことがあげられるでしょう。

 

レオパードゲッコーの体長は、成長しても25cm程度と小型です。

 

ケージは幅30cmでも飼うことが出来るくらいです。

 

また、ヘビや大型のトカゲはマウスやラットなどが餌になるのですが、レオパードゲッコーはコオロギなどの昆虫が主食です。

 

しかも、人工餌も販売されており、人工餌を食べる個体であれば昆虫をあげる必要はありません。

 

それから、難しい設備も必要ありません。

 

例えば、昼行性という昼間に活動するタイプの爬虫類では、太陽光の代わりとなる紫外線ランプや日光浴のためのバスキングランプという保温ランプが必要になります。

ですが、レオパードゲッコーは夜行性のため、そのようなランプは要りません。

 

更に、湿度についてもさほど厳しくなく、管理も他の爬虫類に比べて難しくないのです。

 

レオパードゲッコーが飼いやすい理由

 

・成長しても体長が25cmくらいで、爬虫類の中では小さい

・餌は昆虫だけど、人工餌も販売されている

・夜行性なので、ライト類が必要ない

レオパードゲッコーってどんな爬虫類?

レオパードゲッコー

英名:レオパードゲッコー

和名:ヒョウモントカゲモドキ

学名:Eublepharis macularius

爬虫類鋼 有鱗目 トカゲモドキ科

原産国:アフガニスタン・インド・パキスタン

 

ヤモリの仲間だが、他のヤモリと異なり瞼を持ち、指先に吸盤がないため壁に張り付くことは出来ない。

乾燥地帯に生息しているが、夜行性で昼間は湿った場所でじっとしている。

尻尾に栄養を蓄えており、太い尻尾であれば1か月は食事をしなくても生きられると言われている。多くのトカゲ・ヤモリで見られるように、身の危険を感じた時は自ら尻尾を切る「自切」を行うこともある。

元々は、その名の通り体表に豹紋模様を持つが、現在は品種改良により模様がないなど、様々な品種(モルフ)が作られている。

 

 

レオパードゲッコーは砂漠のような乾燥地帯で暮らしていると思われがちですが、湿度の高い場所を好む傾向があり、湿った土と岩の隙間をねぐらにしているようです。
こういった生息地域の情報は飼育環境の参考になりますので、覚えておきましょう。

レオパードゲッコーの価格

爬虫類って高いのでは?と思われるかもしれませんが、レオパードゲッコーは安いものだと4000円くらいで購入することが出来ます。
珍しい品種(モルフ)ですと、何十万円もするようなものもありますが、一般的な品種は数千円~2万円くらいです。
人気のある品種のおおよその相場を示します。
ハイイエロー 4000~8000円
マックスノー 5000~1万円
スーパーマックスノー 1~2万円
スーパーハイポタンジェリン 1~2万円
アルビノ 6000~2万円
一般的に、総合ペットショップでは価格は高めに設定されています。
種類の豊富な爬虫類専門店や爬虫類イベントでの購入をおすすめします。
特に、爬虫類イベントはイベント価格といって普段の設定価格よりかなりお得になっています。

レオパードゲッコーの飼育に必要なものと初期費用

レオパードゲッコーを飼うために必要なものはそう多くありません。
・ケージ
・シェルター(寝床)
・保温器具
・サーモスタット
・湿温度計
・水入れ
・床材
・カルシウム剤
・ピンセット
・餌
これだけです。
どれを選べば良いのかなど、詳しいことは下記の記事で紹介していますので、参考にしてみて下さい。
記事にも書いていますが、初期費用は餌代抜きで2万円に収まるくらいです。

    レオパードゲッコーの飼育用品について詳しく知りたい

レオパードゲッコーを飼うのに必要なものは?初期費用っていくらかかるの?

餌の頻度と水

爬虫類は省エネな動物ですので、大人であれば毎日ご飯を食べる訳ではありません。
特に、レオパードゲッコーは尻尾に栄養をためていますので、個体によっては1週間に1度しか食べないものもいます。
一方、ベビー(生後半年くらいまで)~ヤング(生後半年~1年)は毎日食べるだけあげましょう。
まだ尻尾の細いベビーの場合は、1週間食べないだけで餓死してしまう可能性があります。
生後1年経って、尻尾が大きくなれば数日に1回の頻度でも問題ありません。
太りすぎも良くありませんので、太り過ぎの指標とされている「脇プ二(普通は凹んでいる前足の付け根がプクリと膨らんでいること)」が出来ていたら、少し餌の頻度を落とすことも検討して下さい。
レオパードゲッコーの一般的な餌の頻度

 

・ベビー~ヤングは毎日食べるだけ食べさせる

・生後1年以降は、数日に1回など太り過ぎないよう様子をみて餌をあげる

飲み水については、いつでも新鮮な水が飲めるように水入れを用意して1日1回は容器を洗って中の水を交換するようにしましょう。

カルシウム剤の添加

レオパードゲッコーは餌にカルシウム剤を添加する必要があります。
カルシウム剤を餌に添加することを「ダスティング」と言います。
カルシウム剤を添加するのは毎回ではなく、数日に1度や1週間に1度など、飼育者によって良いとしている頻度が異なります。
あげすぎも良くないので、意見が分かれる部分ですね。
私の場合は、ベビーの頃は数日に1度、ヤングでは1週間に1度、大人になってからは1~2週間に1度の頻度でカルシウムを添加しています。
後述するクル病などの骨の異常はないので、問題のない頻度なのだと思います。

温度・湿度の管理

爬虫類は自分で体温を調節できないため、温度や湿度の管理は重要です。
レオパードゲッコーの最適温度は28~30℃です。
ただし、ケージ内全部をこの温度にするのではなく、1番暖かい場所が28~30℃になるようにします。
そして、25℃前後の涼しい場所も作ってあげる必要があります。
このように、ケージ内に温度の高い場所と低い場所を作ることを、「温度勾配を作る」と言います。
湿度は40~60%くらいであれば問題ありません。
注意するとしたら、脱皮する時期は60%くらいと少し高めにしてあげると脱皮がスムーズに行えます。
湿度が足りない場合は、霧吹きなどで調節してあげましょう。
レオパードゲッコーの温度・湿度管理

・1番暖かい場所は、28~30℃

・1番涼しい場所は、25℃前後

・湿度は40~60%

    実際の飼育環境について詳しく知りたい

レオパードゲッコーの飼い方は?飼育環境をご紹介!

脱皮について

レオパードゲッコーは爬虫類ですので、脱皮をします。
段々と白っぽくなり、脱皮直前は元の色はどこへやら。真っ白になります。
私の経験則ですが、白っぽいから脱皮かなと思ったら次の日には元に戻っていて、その数日後にまた白くなり脱皮することが多いように感じます。
白くなってすぐに元に戻ったら、もしかしたらまだ脱皮が終わっていないかもしれませんので、湿度は十分に保つようにしてあげてください。
50%~60%にしてあげると、脱皮が上手くいきやすいです。
上部に水を入れることのできるものシェルターであれば、管理がしやすいでしょう。
脱皮の頻度は、ベビーだと10日弱とかなり早いサイクルで脱皮します。
大人になると、1か月に1度くらいに落ち着きます。

レオパードゲッコーの病気

レオパードゲッコーに多い病気は、
・拒食
・ヘミペニス脱
・クル病
・腸閉塞
です。

拒食

なんらかの理由で餌を食べなくなってしまった状態です。
十分に尻尾の大きい個体であれば数週間~1か月は食べずに生きることも出来ます。
しかし、尻尾の細い個体やベビーの場合は1週間拒食するだけで命の危険がありますので、早めの対処をする必要があります。
拒食を起こす理由として考えられるのは、
・餌が好みでない
・腸閉塞
・便秘
が多いのではないでしょうか。

餌が好みでないことで起こる拒食

餌が好みでない理由は、餌の種類が急に変わった場合に多く起こります。
特に、お迎えしてから食べてくれない場合は、ショップの餌と違うものをあげたため、食べないことが多々あります。
お迎え初期は、ショップで食べていたものをあげるようにして下さい。
同じコオロギでも、イエコオロギやフタホシコオロギ、クロコオロギなど種類があります。
また、餌のサイズが合わないと餌と認識しないこともありますので、その子に合ったサイズの餌をあげるようにしましょう。
目安としては、頭の半分くらいのサイズが良いとされています。
ただ、私の感覚としては半分より小さめの方が、消化が良いのか便秘が起こりにくいと感じます。
人工餌や冷凍餌をあげている場合は、活き餌に変えると食べることもありますので、試してみて下さい。
活き餌の頭をとって、鼻の頭につけてあげると餌と認識しやすくなり食べてくれるかもしれません。

便秘で起こる拒食

便秘の場合は、温浴させるのが効果的です。
浅くぬるま湯をはった容器にレオパードゲッコーを入れて、お腹を温めてあげます。
便秘はケージ温度が低いと起こりやすいので、きちんとパネルヒーターが点いているか確認しましょう。
ケージ温度が28℃くらいで便秘気味なら、29~30℃に上げてみるのも手です。
また、爬虫類用の整腸剤を使用することも出来ます。
下記のレプラーゼは人気の商品です。

ヘミペニス脱

男の子の場合は生殖器が外に出たまま戻らなくなることがあります。
綿棒などで戻す方法もありますが、自己判断せず動物病院へ連れて行ってあげて下さい。

クル病

カルシウム不足により起こり、骨が変形してしまいます。
特に成長期のカルシウム不足で起こりやすいです。
カルシウム剤をきちんと餌につけていれば起きる可能性は極めて低い病気ですので、しっかりとカルシウムを摂らせるようにしましょう。

腸閉塞

主に誤食が原因で腸が詰まっている状態です。
非常に危険な状態ですので、すぐに動物病院へ連れていきましょう。
実は、私も経験していて、1週間ほど餌を食べないなと心配していたら、湿度対策で入れていた水苔が糞に紛れて出てきたことがありました。
誤食に全く気付かず、危ないところでした。
自力で出してくれて、本当に良かったです。

まとめ

 

レオパードゲッコーは、他の爬虫類に比べて小さく、必要な飼育用品も少なくて済みます。

 

また、非常に温厚で爬虫類を初めて飼う人におすすめできるペットです。

 

品種(モルフ)もたくさんあり、1匹飼い始めるともう1匹さらにもう1匹・・・と中毒性があるのでハマる人も多いんです。

 

爬虫類は難しいからと諦めず、初心者向けのレオパードゲッコーを飼ってみてはいかがでしょうか?

 

 

爬虫類を初めて飼う人にレオパードゲッコーをおすすめする理由

・成長しても体長25cm程度と小さく、ケージは30cm~飼うことが出来る

・複数の人工餌が販売されており、昆虫を扱えなくても大丈夫

・必要な飼育用品が比較的少なく、初期費用は2万円以下で飼うことが出来る

・温厚で、初心者でも安心して触ることが出来る

・飼っている人が多いので、飼育情報も豊富

 

 

ブログランキングに参加しています!

下のバナーをポチッと押して、応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


ペットランキング

 

 

スポンサーリンク