ファンシーラットを飼育してみて分かったことまとめ

 

ファンシーラットの“日光丸”を里親として迎え入れて5か月が経ちました。

 

ファンシーラットの日光丸日光丸の紹介はこちら。)

 

 

 

 

ラット飼育に関する本はあまりなく、ネットの情報を頼りに始めたファンシーラットの飼育。

 

実際に飼ってみて分かったことや気づいたことをご紹介しようと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

ラットはすごく毛が抜ける

 

 

私が調べ切れていなかっただけかもしれませんが、これは事前に仕入れた情報にはありませんでした。

 

犬の換毛期のように、本当に良く毛が抜けます。

 

撫でたら抜けるし、ラットが居たところには毛が落ちています。

 

細くて短いので目立ちにくいですが、やはり気になります。

 

換毛期にラット緒を部屋で遊ばせるなら、終わった後にコロコロや掃除機をかける必要があるくらいです。

 

 

スポンサーリンク

 

ラットのオスは頻繁にマーキングする

 

 

ケージから出して遊ばせていると、少量のおしっこのようなものが床についていることが多々あります。

 

私は最初、おしっこをしたのかと思いましたが、これこそがマーキングだそうです。

 

我が家はソファで遊ばせているのですが、

このマーキングをされると急いで拭かなければならず困りものです。

 

やめさせることは出来ないので、きちんとウェットティッシュなどで拭いて処理しましょう。

 

ウェットティッシュは、

アルコールなどが入っているものではなく、ペット用のペットが舐めても安心なものを選ぶことをおすすめします。

 

 

ラットはトイレは覚えない?

 

 

同じ場所でする子もいるようなので、絶対に覚えない訳ではなく、個体差があると思います。

 

我が家は特別にトイレを教えてはいません。

 

なので、

日光丸はおしっこはトイレでするのですが、うんちの場所は決まっていません。

 

しかも、

トイレで寝たりごはんを食べたりするので、身体が臭くなります。

 

SNSを見ていても、割とトイレとその他の場所を区別していないラットが多いようです。

 

 

ラットはハムスターのように回し車は回さない

 

 

これも個体差があるようです。

 

ハムスターのように回すことを期待して置くと思いますが、

ほとんど使わなかったり、全く見向きもしない子もいるようです。

 

日光丸は最近やっと回し車で遊ぶようになりましたが、ゆっくり歩く程度で1回1分も回しません。

 

やはり、ラットの運動不足解消には回し車は使えないようです。

 

ですので、なるべくケージから出して遊んであげましょう。

 

 

ラットは夜行性!昼間は爆睡

 

 

夜行性とは聞いていましたが、

ラットはかなり人に慣れるので、人間の生活に合ってくるものかと思っていました。

 

予想に反して、夕方まで爆睡していて日が暮れてからやっと起き出します。

 

そして、朝はまた爆睡。

 

なので、昼間お仕事をされている方におすすめのペットだと思います。

 

逆に、休みの日に昼間から遊ぼうとすると嫌がられます・・・。残念です。

 

 

ラットはめちゃくちゃかまってほしがる

 

 

これは、とても可愛いポイントです。

 

ケージの前を通るとケージのドアの前に飛んできてこちらを見ています。

 

そんなことをされたら、ケージから出してあげないわけにはいきません。

 

そしてケージから出すと、うろちょろ一人遊びを始めたりします。

 

こちらもそれを横目にスマホをいじったりしているのですが、

かまって欲しいらしく、わざわざスマホの前に来て邪魔をしてきます。

 

可愛すぎますね。

 

 

ラットの臭いはそれほど気にならない

 

 

臭いと言われるラットですが、それほど気になりません。

 

我が家が金網ケージではなく爬虫類用のケージを使っているからかもしれませんが、ケージの中の臭いを嗅いでもそこまで臭く感じません。

 

日光丸はトイレで寝る癖があるので臭いが気になることがあるので、その場合にはお風呂に入れています。

 

ただ、

複数飼育の場合は、その分の糞尿があるでしょうし、頻繁に全員をお風呂に入れることが出来ないかもしれませんね。

 

 

ラット専用の餌は少ない!?餌選びに困る

 

 

ラット用の餌はほとんどありません。

 

ハムスター用など他の動物用の餌を代用しなければならず、どの餌を選べば良いのか正解はないのが現状です。

 

また、

実験動物用のペレットだけ与えるべきという人もいれば、種子などの副菜もあげた方が良いという人もいたり、と本当に人によって意見が分かれます。

 

日本でペットとして扱われるようになったのは最近ですので、この点は海外の飼育方法を参考にした方が良さそうですね。

 

 

まとめ

 

 

実際にラットを迎い入れて分かったことをまとめてみました。

 

偉そうに書いてしまいましたが、まだ飼育歴3か月の初心者ですので、これから分からないことがたくさん出てくるでしょう。

 

もっともっとラットのことを知って、日光丸との生活を充実したものにしていきたいと思います。

 

ラットに適した餌については、調べても良く分からないことが多かったので、今後の課題ですね。

 

日本のサイトだけでなく、海外の文献などの情報も得ていこうと思います。

 

その際は、またこちらでご紹介させて頂きますね。

 

また、何か情報が御座いましたら、是非教えて頂きたいです。

 

 

最新情報
スポンサーリンク