ハリネズミ飼いが教える、ハリネズミの魅力

ハリネズミ飼いが教える、ハリネズミの魅力

 

大人気のペット、ハリネズミ。

 

その人気からペットショップでの取り扱いも増え、珍しいペットという印象は少なくなってきました。

 

テレビやネットで目にする機会も多くなり、興味を持つ人も多いよね。

 

しかし、

実際にペットショップで見るハリネズミはいつも丸まって寝ていたり、おうちの中に引きこもっていて顔を見ることができません。

 

シャイなハリネズミは明るいところでは引きこもることがほとんどで、その魅力がなかなか伝わらないと思います。

 

そこで、

このページでは、実際にハリネズミを飼っている私がその魅力をお伝えします。

 

 

このページはこんな人におすすめ

・ハリネズミについて知りたい!

・ハリネズミに興味がある!

・ハリネズミを実際飼っている人の話が聞きたい!

 

 

 

 

スポンサーリンク

ハリネズミってどんなペット?

 

 

ハリネズミ

ヨツユビハリネズミ(ピグミーヘッジホッグ)

食虫目 ハリネズミ科 アフリカハリネズミ属

生息地:アフリカのサバンナ

体長:15〜20cm

体重:300〜700g

寿命:飼育下では2〜4年

餌:昆虫など

 

ハリネズミには、ヨーロッパハリネズミやオオミミハリネズミなどの数種類がいますが、日本でペットとして飼うことができるのはヨツユビハリネズミだけ。

 

アフリカ出身のハリネズミです。

 

モルモットと同じくらいか、一回り小さいくらいの大きさで、寿命は飼育書などには5〜8年と書かれていることもありますが、飼育下では5年生きれば長生きです。

 

餌は、野生では昆虫を食べていますが、ハリネズミ専用の餌が売られていますので、昆虫をあげなくてもハリネズミ専用フードで飼育することができます。

 

野生では、昼間は巣穴に隠れて眠り、夜になると起き出して餌になる昆虫を探します。

 

小さい足からは想像できないくらい長い距離を移動することもあります。

 

そのため、ペットのハリネズミもたくさん運動ができるように回し車が必須のアイテムです。

 

 

ちょっとマニアックなハリネズミの魅力

 

 

ここではハリネズミの魅力をご紹介します。

 

実際にハリネズミを飼っているからこそのマニアックな魅力もたっぷりお届けしますよ。笑

 

動きがポテポテトテトテと可愛い

 

ハリネズミ

 

本気を出したら足の速いハリネズミですが、普段は歩き方がポテポテと可愛いんです!

 

針を揺らしながら、トコトコ歩く姿はまるでオモチャみたいです。

 

体の割に足が小さくアンバランスで、上から見ると針山が歩いている、みたいな不思議な感覚です。

 

 

きゃっぷ
マニアックすぎて伝わらないですかね?(汗)

 

 

トゲトゲの針と可愛い顔のギャップ

 

ハリネズミ

 

この針が結構鋭くて刺さると痛いのですが、そのトゲトゲの針からは想像できないような可愛い顔がハリネズミの魅力の一つです。

 

特に、おでこの針がちょっと立っているときが、ちょっとヤンチャな髪型みたいでお気に入りです。

 

 

きゃっぷ
コレもマニアック…

 

 

お世話が簡単

 

ハリネズミと聞くと、珍しいペットだし飼うのも難しいのでは?と思うかもしれませんが、実はそんなことはありません。

 

毎日餌とお水をあげて、週に1度ケージの掃除をするくらいで、難しい飼い方は一切ないんです。

 

最近はハリネズミ用の飼育用品も増えて手に入れやすくなりましたし、初めてペットを飼う方にも飼いやすいペットだと思います。

 

 

ハリネズミの全てが愛しくなる

 

ハリネズミ

 

ハリネズミは夜行性のため、昼間は一切ハウスの外には出てきません。

 

夜も、飼い主が起きている間は出てこず、飼い主が寝静まった頃に起き出して行動します。

 

とても臆病な動物なんです。

 

そのため、ハリネズミを飼っていても姿をあまり見れないことがあるのです。

 

ですが、

・寝袋からはみ出しているおしりが可愛い!

・餌の時間に出てきてくれた!可愛い!

・夜中に回し車を回す足音が可愛い!

・(朝ケージを覗くと餌入れがカラ)今日もごはん完食してるね!可愛い!

と、姿が見えなくてもハリネズミの全てが愛しくなります。笑

 

 

きゃっぷ
親バカですかね?笑

 

 

でも、そんなマイペースなハリネズミが私は大好きです。

 

ハリネズミ

 

これは私の手作りの寝袋に穴を開けたところ。

ドヤってるけど、それ頑張って作った寝袋…。

ハリネズミにはこんなお茶目な一面もあるんです。

 

 

可愛いけど…ハリネズミのココが困った!

 

 

可愛いハリネズミですが、もちろんちょっと困ったところもあります。

 

困ったところと言っても、全部飼い主の都合なのですけどね…。

 

ニオイがキツい

 

ハリネズミのウンチとオシッコは、わりと量が多くニオイもキツいです。

 

あげている餌の種類にもよるのかもしれません。

 

特に、トイレの場所を決めていない我が家では、いろんな所にウンチやオシッコをするため掃除がしにくく、毎日トイレのペットシーツを変えることができません。

 

その対策として、消臭効果のある床材を使用することでニオイが激減しました。

 

ハリネズミによってトイレを覚える覚えないがあるため、ニオイ対策が必要になることもあります。

 

引きこもりがちなので体調管理がしにくい

 

昼間も夜も、引きこもっているので、なかなか全身を観察することが出来ず、病気になったときにすぐに気が付かない可能性があります。

 

動物病院へ連れて行っても、丸まってしまい診察ができない、なんてこともあるので困りものです。

 

 

実際のハリネズミとの暮らしはどんな感じ?

 

 

では、実際のハリネズミとの暮らしをご紹介します。

 

【ハリネズミとの1日】

6時半 ハリネズミのケージを覆っているカーテンを開ける。

7時〜17時 飼い主仕事に行く。ハリネズミはずっと爆睡。

18時 ごはんの時間が近づいてそわそわしている模様。

19時 餌入れを洗いに行っている間に寝袋から出てきて、餌入れ置き場付近で待機中。

19時10分 ごはんとお水をあげようとするも、餌入れ置き場に陣取っているためおけずに横にどかされる。カーテンを閉める。

20時〜24時 ちょこちょこごはんを食べに出てきている音がする。

24時 飼い主消灯。ハリネズミ回し車を回し始める。

〜5時 1時間おきに回し車→休憩を繰り返している様子。5時ごろハリネズミも就寝。

 

我が家の1日なので、それぞれのご家庭で違うと思いますが、ハリネズミの暮らしはこんな感じです。

 

うちの子はケージの外に出しても、すぐに帰りたがるのであまり部屋んぽはさせていません。

 

週に1度のケージ掃除のときに、少し出るかなくらいですね。

 

部屋んぽは毎日欠かさずしている飼い主さんもいるでしょうし、触られるのが好きなハリネズミの飼い主さんは触れ合いもしているでしょう。

 

部屋んぽなどは、その子の性格によるので見極めて合わせてあげると良いと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

ハリネズミの魅力 まとめ

 

 

実際にハリネズミを飼っている著者がハリネズミの魅力をご紹介しました。

 

ハリネズミはシャイでなかなか仲良くなれない!なんてこともありますが、うちに来て2年を過ぎ、今ではごはん待ちしてくれるし、触っても本気で怒ることはほとんどなくなりました。

 

ハリネズミの魅力は触れ合うことではなく、愛嬌のある動きや可愛い顔なのだと思います。

 

そんなハリネズミとの暮らしをぜひ楽しんでください。

 

 

 

ブログランキングに参加しています!

下のバナーをポチッと押して、応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


ペットランキング

 

 

スポンサーリンク