ファンシーラットの冬の温度対策は大丈夫?保温器具の種類とおすすめの保温器具

ファンシーラット冬の温度対策は大丈夫?保温器具の種類とおすすめの保温器具

 

冬のファンシーラットの温度管理は大丈夫ですか?

 

多くのペットと同様に、ファンシーラットも寒すぎると死んでしまいます。

 

保温器具を使って暖かく過ごせるように温度管理をしてあげましょう。

 

このページでは、ファンシーラットに 使える保温器具の種類やおすすめの保温器具について解説します。

 

このページはこんな人におすすめ

  • ファンシーラットの保温器具について知りたい
  • ファンシーラットの冬の気温対策をどうすればいいのか分からない
  • ファンシーラットの飼育用品について知りたい

 

 

スポンサーリンク

ファンシーラットに保温は必要?

 

ファンシーラットの保温器具

 

ファンシーラットはドブネズミだから寒さに強いのでは?と 思われるかもしれません。

 

しかしファンシーラットは野生のドブネズミとは違い、ペットとして人と生活してきました。

 

ウサギやハムスターなど多くの小動物と同じで、ファンシーラットも寒い冬はきちんと温度管理をしてあげる必要があります。

 

冬の飼育温度は20℃以上になるようにしましょう。

 

ケージが置いてある部屋をエアコンで20℃以上に設定しても良いですが、電気代が気になるのならペット用の保温器具を使って温めてあげるのが良いでしょう。

 

 

ファンシーラットの保温に最適な保温器具の種類

 

残念ながら、ファンシーラット専用の保温器具はありません。

 

その代わりに、小動物用の保温器具を使うことができます。

 

小動物用の保温器具にも用途によって種類がありますので、ここではファンシーラットに使える保温器具の種類について解説します。

 

床を温めたい

 

 

人間も床暖房で足元から温めると、全身が温まりますよね?

 

ファンシーラットの保温器具にも、床暖房のような役割をする「パネルヒーター」というヒーターがあります。

 

各メーカーからいろいろな商品が販売されていますが、違いはほとんどありません。

 

敷きたいケージの床部分のサイズで選ぶと良いでしょう。

 

体の芯から温めたい

 

 

ファンシーラットの体全体を温めるには「遠赤外線ヒーター」を使います。

 

この遠赤外線ヒーターはケージ全体も温めるので、エアコンで温度管理をしない場合はこの遠赤外線ヒーターを使うことをおすすめします。

 

スポンサーリンク

ファンシーラットにおすすめの保温器具

 

ファンシーラットの保温器具としては、エアコンで室温を管理するならパネルヒーターのみ、しない場合はパネルヒーターと遠赤外線ヒーターを併用しましょう。

 

ここではファンシーラットにおすすめのパネルヒーターと遠赤外線ヒーターをご紹介します。

 

リバーシブルで便利!「ほ〜っと気分 小動物ヒーター」

 

created by Rinker
ハイペット
¥2,684(2020/02/29 16:26:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

パネルヒーターなら、裏表で温度が違うリバーシブルタイプがおすすめです。

 

こちらの商品はサイズが、幅21×奥行き14.7とファンシーラットにぴったり。

 

ヒーターの裏表で約38℃と30℃の2パターンで、季節によって使い分けることができます。

 

電源コードにはかじり防止のフレキシブルチューブがついているので、ファンシーラットが万が一かじってしまっても安心です。

 

電気代が1時間あたり約0.3円と節電タイプなのも良いですね。

 

ケージ全体を温める!「暖突」

 

 

爬虫類飼育の定番「暖突」。

 

ファンシーラットにもおすすめできます。

 

暖突は遠赤外線ヒーターで、表面を特殊な不識布で覆っているためヒーターの表面温度が低く火傷しにくいのが特徴です。

 

活発なファンシーラットがいたずらして、ヒーターに触れてしまっても火傷の心配がないのは大きなメリットです。

 

また、遠赤外線ヒーターなのでファンシーラットを体の芯から温め、ケージ内も温めてくれます。

 

暖突はケージの天井に取り付けるタイプのヒーターなので、暖突を使いたいならケージの天井が網目になっているものを選ぶ必要があります。

 

スポンサーリンク

ファンシーラットの保温器具 まとめ

 

 

このページでは、ファンシーラットの保温器具についてまとめました。

 

ポイント

ファンシーラットの冬のケージ温度は20℃以上

 

ファンシーラットは冬でも20℃以上になるようにケージ内の温度を調節してあげる必要があります。

 

ケージの温度管理に使うヒーターにはパネルヒーターと遠赤外線ヒーターの2種類があります。

 

パネルヒーターは体を直接温めるタイプのヒーターで、遠赤外線ヒーターファンシーラットの体の芯から温めたりケージ内も温めることができます。

 

ポイント

パネルヒーター:床を温める
遠赤外線ヒーター:体の内側から温め、ケージ 全体も温める

 

では、どの方法で保温すればいいのかと言うと…。

 

保温方法の選び方

  1. 1日中エアコンで温度管理
  2. パネルヒーター+遠赤外線ヒーターで管理

 

電気代を気にしない場合は①を、ファンシーラットのケージだけを温度管理したい場合は②を選びましょう。

 

温度管理にはケージ内の温度を知る必要があるので、温度計も用意しておくと良いですね。

 

created by Rinker
ニチドウ
¥1,445(2020/02/29 18:13:17時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの温湿度計は最高最低温度の記録機能付きで、外出中の温度も後でチェックすることができます。
温度を測るセンサーだけをケージ内へ入れるタイプなので、ファンシーラットの手の届かない場所に設置すれば温度計をかじられる心配もありません。

 

ファンシーラットが快適に過ごせるように冬支度をしましょう。

 

▼遠赤外線は使い勝手の良い「暖突」がおすすめ▼

 

 

この記事もおすすめ

「ファンシーラットの飼育用品の選び方とおすすめ用品」

 

スポンサーリンク