ファンシーラットの冬支度は大丈夫?保温器具の種類とオススメヒーター

ファンシーラット冬の温度対策は大丈夫?保温器具の種類とおすすめの保温器具

 

ファンシーラットケージの温度管理はできていますか?

 

寒い冬はファンシーラットも苦手。

保温器具を使って、暖かいケージを作ってあげましょう。

 

この記事では、ファンシーラットにオススメの保温器具について解説します。

 

この記事でわかること

  • ファンシーラットに適した保温器具の種類
  • ファンシーラットにオススメの保温器具

 

スポンサーリンク

ファンシーラット飼育に最適な温度は?

ファンシーラットの保温器具

 

ファンシーラットはドブネズミだから寒さに強いのでは?と思われるかもしれません。

 

きゃっぷ
実はそうとも言えません。

 

野生のドブネズミとは違い、ファンシーラットはペットとして改良された動物です。

そのため、温度にも弱くなっています。

 

ちーこ
めちゃくちゃデリケートって訳ではないけどね。

 

ウサギやハムスターなど、他の小動物と同じようにファンシーラットも冬は保温してあげる必要があります。

 

ファンシーラットに最適な温度は、18~25℃前後。

人間が薄手のシャツで快適と感じる温度だと思ってください。

 

冬はケージ全体が20℃以上になるようにし、寝床はヒーターなどで25℃前後にするとより適した飼育環境と言えます。

 

ファンシーラットに適した保温器具

 

ファンシーラット専用の保温器具はありませんので、小動物用の保温器具から選ぶことになります。

 

小動物用の保温器具にも用途によって使い分けが必要です。

ここではファンシーラットに使える保温器具についてご紹介します。

 

ケージの床を温める保温器具「パネルヒーター」

 

 

ケージの床を温める保温器具をパネルヒーターと言います。

画像のように、板状のヒーターです。

 

このパネルヒーターをケージの下に敷いたり、ファンシーラットの寝床に敷いて温めます。

 

空間が暖かくなる訳ではないので、スポット保温として使用します。

 

ケージ全体を温める保温器具「遠赤外線ヒーター」

 

 

ケージの一部だけを温めるパネルヒーターとは違い、こちらの遠赤外線ヒーターはケージ全体を温めてくれます。

 

遠赤外線を使うため体の芯から温めてくれます。

電気代も安く、ファンシーラットが火傷をする心配がないのが特徴です。

 

ファンシーラットにオススメの保温器具

 

エアコンで室温を20℃以上にできるのなら、パネルヒーターだけでファンシーラットのケージを保温することができます。

 

エアコンをつけない場合は、パネルヒーターだけでは心元ないので遠赤外線ヒーターを併用してファンシーラットのケージを温めてあげましょう。

 

この項では、ファンシーラットにオススメの保温器具をご紹介します。

 

リバーシブルで温度調整可能!「ほ~っと気分 小動物ヒーター」

 

 

パネルヒーターは、裏と表で温度が変わるリバーシブルタイプがオススメ。

 

こちらのパネルヒーターは、幅21㎝・奥行14.7㎝とファンシーラットのサイズにピッタリです。

 

温度は38℃と30℃の2パターン。

季節によって使い分けが可能です。

 

電源コードにかじり防止のフレキシブルチューブがついていて、安全面でも安心ですね。

 

電気代も1時間あたり約0.3円と、電気料金を気にせず使えます。

 

↓もう少し小さいサイズならこちらがオススメ

created by Rinker
ジェックス
¥1,176(2020/06/01 03:37:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

ケージ全体を温めるならコレ!「暖突」

created by Rinker
みどり商会
¥4,919(2020/06/01 03:37:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

こちらは温度変化に敏感な爬虫類飼育でおなじみの遠赤外線ヒーター。

もちろんファンシーラットの保温にもオススメです。

 

暖突の表面は特殊な不繊布で覆われていて、火傷の心配はありません。

また、保温球を使っていないので球切れの心配がなく、半永久的に使用できるのが魅力です。

 

ケージの天井にネジを通して取り付けるタイプのヒーターなので、金網タイプのケージであれば取り付けは簡単です。

そうでない場合も、ケージの外から保温したり、天井から吊るせるように工夫すれば取り付けることができます。

 

スポンサーリンク

ファンシーラットの保温器具 まとめ

 

ファンシーラットの冬支度。

保温器具について、適した保温器具とオススメの商品をご紹介しました。

 

ここでもう一度おさらいしておきましょう。

 

ファンシーラットに適した飼育温度は?
20~25℃くらい。
人間が薄手のシャツで快適と思える温度。

 

ファンシーラットの保温器具にはどんなものがある?
大きく分けると、「パネルヒーター」と「遠赤外線ヒーター」。
「パネルヒーター」はケージの底やファンシーラットを直接温める。
「遠赤外線ヒーター」はケージ全体を温める効果がある。

 

ファンシーラットにオススメの保温器具は?
オススメはパネルヒーターと遠赤外線ヒーターを両方使う方法。
オススメなのは「リバーシブルパネルヒーター」と「暖突」。
created by Rinker
ジェックス
¥1,176(2020/06/01 03:37:27時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
みどり商会
¥4,919(2020/06/01 03:37:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

スポンサーリンク