ペットからの感染を予防しよう!パスツレラ菌感染の症状と治療

 

ペットの触った後はきちんと手を洗っていますか?

 

ペットに口移しでおやつをあげたり、口を舐めさせたりしていませんか?

 

噛まれたり引っかかれたりしていませんか?

 

正しい知識で、ペットからうつる病気を予防し、楽しいペットライフを送りましょう。

 

この記事では、ペットの口の中に潜む病原菌パスツレラ菌について、その正体と症状、予防方法をご紹介します。

 

[ad]

 

 

スポンサーリンク

パスツレラ菌ってなに?

 

パスツレラ菌とは、大腸菌や肺炎球菌と同じ細菌の1種です。

 

細菌は、とても小さく肉眼では見えません。

 

パスツレラ菌はどこにいるの?

 

このパスツレラ菌という細菌は、イヌの75%くらい、ネコではほぼ100%、口の中に存在しています。

また、ネコの20%は爪にこのパスツレラ菌がいると言われています。

 

しかし、パスツレラ菌はイヌやネコに悪さはしません。

 

そして、ウサギもパスツレラ菌を持つことがあります。

 

その他のペットについては詳しくは調べられていないようですが、絶対にパスツレラを持っていないとは言えません。

 

 

ヒトにはどうやって感染するの?

 

ペットに噛まれた傷口から感染することがほとんどです。

 

噛まれた場合は、パスツレラ菌だけでなく他の細菌に感染することもあります。

しかし、他の細菌よりもパスツレラ菌が原因であることが多いです。

 

噛まれる以外の原因は、引っかかれたことによる傷口からの感染です。

猫の20%は爪にパスツレラ菌を持っているというデータがあるので、特にネコに引っかかれた場合は注意が必要です。

 

さらに、パスツレラ菌はペットの口の中に存在しているため、傷口を舐められたり口を舐められることでも感染する可能性があります。

 

ただし、動物と同じ空間にいるだけでは感染しないと言われています。

 

 

感染する原因

・噛まれる

・引っかかれる

・口移しなどの濃厚接触

 

 

パスツレラ菌に感染したときの症状は?

 

ペットに噛まれたり引っかかれたりして感染した場合、受傷部分が腫れます。数時間〜2日くらいで症状が出ます。

 

健康な成人だと症状は軽いですが、そのまま放って置いたり糖尿病などの基礎疾患があるときは症状が重くなることもあります。

 

具体的には、腫れた部分が広がって皮膚が壊死し、さらに放置すると骨髄や血液中にパスツレラ菌が入り込むまでに進行します。

死亡例も報告されています。

 

また、咳や痰が出て肺炎を起こすこともあります。

この場合も、基礎疾患のあるヒトで発症しやすく、症状も軽いものから重いものまでさまざまです。

 

 

症状

・受傷部分が腫れたり壊死する

・咳や痰が出る

 

 

パスツレラ菌の検査は?

 

パスツレラ菌の検査は、細菌培養検査という検査を行います。

 

検査には、受傷した患部のぬぐい液や肺炎症状がある場合は痰を使います。

重症化している場合は、骨髄液や血液を採ることもあります。

 

提出された検査材料は、パスツレラ菌を増やす検査をします。

もしパスツレラ菌が検出されれば、その後にどの種類の抗菌薬(抗生物質)が効くかを調べる検査に進みます。

 

全てが完了するまでおおよそ3日〜1週間かかります

そのため、結果を待たずに抗菌薬(抗生物質)が処方されることがほとんどです。

 

また、街のクリニックでは検査ができないため、ペットに噛まれたなどの情報があれば検査をせずに治療を行うこともあります。

 

検査材料→患部のぬぐい液、痰

 (場合によっては骨髄液や血液など)

 

検査にかかる時間→3日〜1週間程度

 

 

 

パスツレラ菌に感染したときの治療方法

 

抗菌薬(抗生物質)による治療が行われます。

 

抗菌薬の種類は、ペニシリン系(商品名:サワシリン、アモキシシリンなど)やセファロスポリン系(商品名:フロモックスなど)が処方されます。

 

 

パスツレラ菌に感染しないためには、なにをしたらいいの?

 

まずは、傷ができるほど噛まれたりすることのないように注意する必要があります。

また、爪の手入れをきちんと行うことが大事です。

 

さらに、口移しでおやつをあげたり、口を舐めさせたりすることは他の病気に感染するおそれもありますのでやめましょう。

 

動物に触ったあとはからなず手洗いをしてください。

 

 

もし噛まれたり引っかかれたりしたらどうすればいいの?

 

噛まれたり引っかかれた場合は、すぐに流水と石鹸で患部をよく洗います。

 

もともとあった傷を舐められてしまった場合も同様に流水で洗いましょう。

 

症状は早いと1時間弱で出ます。

患部が腫れてくるなどの症状が出た場合は、すぐに病院へいきましょう。

 

また、咳や痰が出て病院へ行くときは、問診でペットを飼っている旨を伝えると良いですね。

 

 

まとめ

 

パスツレラ菌はイヌやネコを中心に、多くの動物の口の中や爪に存在しています。

 

ペットに噛まれたり引っかかれて感染することが多いですが、口うつしでおやつをあげるなどの濃厚な接触でも感染します。

 

健康なヒトでは症状は軽いですが、糖尿病やがんなど基礎疾患のあるヒトでは症状は重くなり、死に至ることもあります。

 

大事なペットから感染することのないよう、爪を整えたり触った後は手洗いをするなどの予防を心がけましょう。

 

最新情報
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。