ペットにかかる電気代ってどれくらい?ー我が家を例にご紹介

f:id:cap0504:20190411211414p:plain

 

ペットを飼うには、それなりに費用がかかります。

 

飼育費用はペットショップや通販サイトで簡単に価格を調べることができますが、電気代に関しては飼育書にも書いておらず、実際に飼ってみないと分からない部分があると思います。

しかし、近年の夏は異常な暑さが続いたり、冬も極端に寒い年があったりと冷暖房代は必須となってきています。

それ故に、これからペットを飼おうと考えている方もどれくらいの電気代がかかるのか、あらかじめ知っておきたいところだと思います。

 

今回はその一例として、我が家の電気代を示したいと思います。

 

スポンサーリンク

定格消費電力

 

定格消費電力ってなに?

f:id:cap0504:20190411211421j:plain

まずは、定格消費電力について説明します。

*そんなの分かってるよ~という方は、この部分は読み飛ばして下さい。

定格消費電力とは、

その電化製品の全ての機能を最大限に利用しているときに消費する電力量です。

 

一方、消費電力というのは、電化製品を使用する際に実際に消費する電力量のことです。

 

例えば、爬虫類のヒーターをサーモスタットに繋いで使用したとします。

(サーモスタットとは、最高あるいは最低温度を任意に設定し、その温度に達すると接続された機器を自動で停止してくれる装置のことです。)

サーモスタットで設定した温度に上がるまでは、ヒーターは稼働しているので、このときの消費電力は定格消費電力となります。

しかし、設定温度になるとヒーターは止まるので、消費電力は定格消費電力以下になります。

エアコンやサーモスタットに繋いだヒーターなどは、その消費電力が温度によって変わるので、常に定格消費電力を消費している訳ではありません。

しかし、照明などスイッチを入れている間、常時点いている電化製品の消費電力は定格消費電力となります。

 

つまり、電化製品の定格消費電力がイコール実際に使用する電力という訳ではないことに注意して下さい。

 

我が家の実際の定格消費電力

 

では実際に、我が家の定格消費電力を見ていきましょう。

 

エアコン『HITACHI 白くまくん』

暖房 470w(160~1175w)

冷房 580w(190~820w)

 

そして、エアコンの他に、各々が現在使用しているヒーター類です。

 

ハリネズミの綱吉

・パネルヒーター 8w

・暖突 32w

(4~5月、9~10月 パネルヒーター)

(11~3月 パネルヒーター+暖突)

 

ヒョウモントカゲモドキのアルバ

・パネルヒーター 6w

・暖突 13w

 

ファンシーラットの日光丸

・パネルヒーター 3w

・暖突 13W

 

メイン水槽

・ヒーター 55w

・外部フィルター 2.5w

 

アベニーパファー水槽

・ヒーター 10w

・エアーポンプ 2.8w

 

ベタ水槽

・ヒーター 36w

 

 

エアコン以外のペット関連の定格消費電力は、合計181.3w

 

それ以外の電化製品ですが、普通の1Kマンションで使用する程度の電化製品と思って下さい。

仕事で留守にすることが多いので、日中は冷蔵庫以外はほとんど使用していません。

 

 

我が家の電気代

 

我が家の実際の2017年から2019年3月までの電気代をグラフで表してみました。

電気代の推移

 

夏と冬に電気代が上がっているのが分かりますね。

特に2018年の夏は暑かったので、その影響があるかと思います。

 

 

 

実は、我が家のペットたちのお迎え時期が異なるので、一概には言えないのですが、エアコンとヒーターを併用している冬より、エアコン一台で全てを管理している夏の方が電気代が安く済んでいます

 

電気は、契約している場所やプランによって料金が変わってくるので、参考までに消費電力を示しておきます。

金額(\)kWh金額(\)kWh金額(\)kWh
2017126391242018
1112334032019110317383
2238211221094839428848334
321541003604723637256280
423501074375015646333247
518108053252137 
621299364751187
7612223478971333
87733292813852489
9549921796709259
102643118102030112
114155171113700154
125941233127092278

 

 

ちなみに、私の住んでいる地域は真冬の最低気温が1~10℃、真夏の最高気温が28~35℃くらいのごく一般的な関東関西平野部の気温です。

 

先に書いた通り、それぞれのお迎え時期が異なるのと、引っ越ししてエアコンが新しくなったことなど、電気代が変化するイベントもあったので、参考に下の表を用意しました。

 

電気代と月ごとのイベント

 

エアコンが古かった時期に、水槽のヒーターなどはまだなかったので比較は出来ませんが、エアコンがある程度新しいからこれだけヒーターを使っていても、冬は電気代が1万円程度で済んでいるのだと思います。

また、夏も今年はもう少し抑えられるのではないかと考えています。

 

 

まとめ

 

ペットを飼い始める以前は電気代が2000円台だったことから、一部屋を24時間冷房管理した場合、夏は5000~10000円上がると考えて良いでしょう。

冬は、ヒーターの数にもよりますが、ヒーター類の定格消費電力が181.3wの我が家では、エアコン代とペットのヒーターで毎月8000円程かかっているようです。

 

下のリンクのサイトなどを利用すれば、定格消費電力からおおよその電気料金を計算することも出来ます。

電気料金計算

 

我が家は1Kの部屋でペットとの居住区域が同じなので、少しは電気代削減になっています。

しかし、ペットの部屋と人間の活動する部屋が異なる場合は、更に電気代がかかることになります。

 

電気代節約のため、私の場合は人間はエアコンのみ使用し、その他の暖房器具や冷房器具は使っていません。

また、ほとんどの電化製品にスイッチ式の電源タップコンセントを使用しています。

使わない電化製品の待機電力を節約するためです。

 

 ペットはきちんと温度管理してあげる必要があるので、電気代が気になる方はそのような工夫をしてみて下さいね。

 

今回は我が家を一例としてのご紹介させて頂きました。

もちろん地域が違えば外気温も違いますし、使用器具も異なるため一概には言えないと思います。

ですが、少しでも参考になれば幸いです。

 

 

最新情報
スポンサーリンク