熱帯魚水槽レイアウト用の水草をオークションで購入する手順

 

「熱帯魚水槽に水草をたくさん植えて、綺麗なレイアウトを作りたい!」

 

熱帯魚の飼育を始めたら、誰もがそう思うでしょう。

 

でも、アクアリウムショップの水草は結構値がはります。

 

水槽にたくさん水草を植えたくても、予算がなくて断念しなくてはならないかもしれません。

 

そんなときは、ネットオークションを利用して、格安の水草を手に入れることをおすすめします。

 

「ネットオークションなんてなんだか面倒くさそう…」というイメージは間違いです。

 

昔のネットオークションは出品者と入札者が直接細かいやりとりまでしなくてはならず、面倒くさかったのは事実です。

 

ですが、

今のネットオークションは完全にシステム化されており、やりとりをシステムが請け負ってくれるので、利用者はそれに従うだけで取引ができてしまいます。

 

このページでは、

ネットオークションの中でも水草が多く出品されている「ヤフオク」を利用して安く熱帯魚水槽用の水草を購入する手順と注意点を解説します。

 

 

 

このページはこんな人におすすめ

・水草を安く手に入れる方法を知りたい!

・ネットオークションで水草を購入するときの注意点を知りたい!

・実際にネットオークションで水草を購入した人の話を聞きたい!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

① 欲しい水草を探す

 

 

早速、検索ページで欲しい水草の名前を入力して探してみましょう。

 

ここで注意が必要なのは、

 

・水草の名前は横文字で間違えやすい

・水草の場合は名前が長く、略称が使われることもある

 

ということです。

 

水草の名前は長く、しかもカタカナのため、検索するときに打ち間違えたり、出品者が間違えている場合もあって検索に引っかからないこともあります。

 

欲しい水草を見逃さないためには、水草の名前をフルネームで入力するのではなく、検索に引っかかるように属名で検索すると良いでしょう。

 

例えば、

「ハイグロフィラ ピンナティフィダ」を探したい場合は「ハイグロフィラ」や「ピンナティフィダ」で検索します。

 

 

② 水草の商品情報の確認

 

 

欲しい水草を見つけたら、次は商品情報を確認しましょう。

 

チェックしたいのは、

  • 農薬の有無
  • 苔の有無
  • 送料
  • 出品者の評価

です。

 

その他にも注意事項などが書かれていますので、商品説明はきちんと読みます。

 

農薬の有無

 

農薬の有無は非常に重要です。

 

農薬が付いていると、水槽内にエビがいる場合は亡くなる可能性が高いからです。

 

農薬の付いた水草は、エビだけでなく他の熱帯魚にも有害です。

 

なるべく「無農薬」と書かれた水草を選びましょう。

 

「無農薬」という表記がなければ出品者に問い合わせる必要があります。

 

出品者への問い合わせは商品ページに「質問する」ボタンがあるので、そこから問い合わせます。

 

苔の有無

 

苔が水槽に持ち込まれると、条件によっては大繁殖してしまうことがあります。

 

そのため、苔が付いていないと書かれた水草を選びます。

 

しかし、個人が育てた水草の場合は完全に混入を避けるのは難しいでしょう。

 

出品画像をしっかりチェックして、苔が付いていなければそう大きな問題になることはないと言えます。

 

送料

 

オークションの価格は送料込みの場合と、送料は落札者負担の場合があります。

 

欲しい水草が、送料込かどうかで、アクアリウムショップで購入した方が安いこともあります。

 

送料が落札者負担の場合、メール便などは200円程度ですが、宅配便だと1000円を超えることもありますので注意が必要です。

 

出品者の評価

 

商品の情報だけでなく、出品者がどんな人なのかも重要です。

 

場合によっては、購入した水草が枯れていたりと状態のひどい水草を売っている出品者もいるかもしれません。

 

出品者の評価ページを見て、悪い評価のコメントを読んで何故悪い評価を受けたのかを調べると良いでしょう。

 

例えば、

「別の水草が届いた」「画像と違うものがきた」「商品が届かない」などは悪質な出品者である場合があります。

 

「梱包が良くない」「遅い」などは不手際の多い出品者かと思いますので、あまり利用しない方が良いです。

 

 

③ 欲しい水草に入札する

 

 

欲しい商品が決まったら入札しましょう。

 

商品は、定額のものと即決価格まで値上がりするものがあります。

 

定額のものは、「即決」の価格でしか入札できず、入札したらそのまま落札出来るタイプの商品です。

 

オークションタイプだと、入札者が多数いると、「現在」の価格から入札の度にあがっていき、入札者が競い合うと「即決」の価格まで続きます。

*「即決」価格の設定がない場合は、上限なく上がってしまいます。

 

終了時間が来た時点で、一番高額な入札をしている人が商品を落札出来ます。

 

オークションが初めてのときは、

定額で売りに出ているものを入札して一度流れを掴んでから、オークションタイプの商品に挑戦してみると良いと思います。

 

 

④ 水草の代金を入金

 

 

落札出来たら、送料が決まっている場合はそのまま入金が可能です。

 

クレジットカードがあれば、即入金することも出来ます。

 

その場合は、入金の連絡も自動で行われるのでわざわざメッセージを送る必要はありません。

 

銀行振り込みなどの入金方法のときは必要ですが、きちんと次にすることの表示をしてくれるのでそれに従いましょう。

 

送料が未確定のときは、出品者から連絡が来ます

 

それに従って落札額と送料を入金すれば完了です。

 

 

⑤ 水草到着

 

 

入金したら、あとは商品が届くのを待つだけです。

 

たまに、出品者がメッセージで「宅配便の日時指定をしましょうか?」と聞いてくれることがあるので、お言葉に甘えて日時指定してもらうと良いでしょう。

 

特に水草や生体の場合は、再配達にならないようなるべく早く配送してもらう必要がありますので、こちらからお願いしても良いと思います。

 

商品が到着したら、商品に不備がないかチェックします。

 

画像と違うものが送られてきていないか、状態はどうか、などです。

 

水草の場合は夏場は特に枯れてしまうことがありますが、補償してもらえることもあるので、あまりに状態が悪いときは出品者に連絡しましょう。

*夏場は落札しない方が無難ではあります。

 

 

⑥ 出品者の評価

 

 

商品到着後に、落札者と出品者で「評価」をし合います。

 

コメントも入力出来ますが、定型文が用意されているのでそちらを利用することも出来ます。

 

オークションが初めての場合や、この評価数少ないと落札を拒否する出品者もいます。(悪質な落札者対策のためです)

 

その場合は、その旨を商品説明ページに記載していることが多いので、その商品は落札しないようにしましょう。

 

 

こちらは、私が実際に落札した水草です。

 

ネットオークションで購入した水草

 

 

ニムファという浮き草の一種で、薄い葉っぱが特徴です。

 

この薄い葉っぱが輸送中に破れたりしないよう、水を入れた袋に入り、更にタッパーに梱包されていました。

 

慣れた出品者さんだと、しっかり梱包してくれるので安心です。

 

もちろん、ショップで購入するより格安でした。

 

スポンサーリンク

 

水草をネットオークションで購入する手順 まとめ

 

 

このページでは、

ネットオークションを利用して水草を安く手に入れる手順を解説しました。

 

出品者とのやりとりもほとんどなく、意外と簡単に水草を購入できるんです。

 

上手く利用すればお得に水草が手に入り水槽レイアウトに役立ちますので、1つの手段として活用してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ブログランキングに参加しています!

下のバナーをポチッと押して、応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


ペットランキング

 

 

スポンサーリンク