部屋にこもるペットのニオイ、気になりませんか?ニオイ対策とおすすめ商品3選

部屋にこもるペットのニオイ、気になりませんか?ニオイ対策とおすすめ商品3選

 

まめに掃除をしているはずなのに、ペットのニオイが気になることありませんか?

 

私の部屋もハリネズミとファンシーラットがいるのですが、掃除のかいなくニオイが気になることも多いです。

 

部屋を閉めきっていたり、湿気の多い梅雨の時期は特に気になります。

 

なんとかしたいと、私が試して良かったニオイ対策について、オススメの商品を3つご紹介します。

 

この記事でわかること

  • ペットのニオイ対策方法
  • ペットのニオイを消すオススメ商品

 

スポンサーリンク

すぐにできるペットのニオイ対策方法

 

まずはすぐにできるペットのニオイ対策について解説します。

これをやってもニオイが減らないなら、次の項のニオイ対策アイテムへ。

 

換気をする

当たり前と言えば当たり前なのですが、ペットのニオイにはこれが一番良く効きます。

朝晩2回、窓を開けて換気をするだけでもかなりニオイは気にならなくなるでしょう。

 

ただ、花粉症だったり梅雨の時期だったり、窓を開けられないこともありますよね。

そんなときは、後でオススメするニオイ対策アイテムを検討してみてください。

 

掃除の頻度を上げる

これもペットを飼っていたら当然なのですが、掃除をこまめにすることもニオイ対策になります。

 

タオルを2日に1度替えたり、床材を1週間に何度か交換するのも良いでしょう。

 

床材を脱臭効果の強いものにする

床材に新聞紙やペットシーツを使っていませんか?

 

ペットシーツの中には脱臭効果をうたっている商品もありますが、ペットのニオイはそれだけでは抑えることができません。

 

ペットシーツと脱臭効果の強い床材を併用すると、より効果が高くなります。

 

▼脱臭効果の高いオススメ床材

 

ガラスケージやアクリルケージに変える

ペットのケージに金網製のものを使っていませんか?

 

金網ケージは通気性が良くて衛生面では良いのですが、その分ニオイもケージの外に漏れやすいです。

 

ニオイ対策として、ガラスケージやアクリルケージに変更することもオススメです。

 

▼このケージは側面を金網に変えることもできるのでオススメ

 

ペットのニオイ対策にオススメ3選

 

ここでは、実際に私が使って良かったペットのニオイ対策にオススメの商品3つをご紹介します。

 

発生したにおいを強力脱臭!「富士通ゼネラルの脱臭機DAS-15E」

 

空気清浄器でも脱臭効果のあるものがありますが、より「脱臭」に力を入れているものが脱臭機です。

 

富士通ゼネラルの脱臭機DAS-15Eは、ペットの脱臭機として非常に人気があります。

しかも、コンパクトなので、ワンルームでも目立ちません。

 

カラーも、ホワイトとブラックの2種があり、お部屋の雰囲気にあった方を選ぶことが出来ます。

 

でも、脱臭機って邪魔になりそうだし、音もうるさそう、電気代もかかるんでしょ?と思ってしまう方も多いと思います。

 

私が実際に使ってみた感想なども含めて、少しだけご紹介します。

 

脱臭機のサイズ

富士通ゼネラルの脱臭機と空気清浄器

手前の黒い方が、富士通ゼネラルの脱臭機です。

奥の空気清浄器に比べて大きさの違いが分かると思います。

(幅17.4×奥行17.8×高さ28.2cm)

 

富士通ゼネラルは様々な種類の脱臭機を出しています。

お部屋のサイズに合わせて選んでくださいね。

 

ちなみに、このサイズで10畳用ですので、アパートなどはこちらで十分かと思います。

 

脱臭機の音

空気清浄器と同じくらい静かです。

 

急速モードという一番強いモードだと、流石に旧式の扇風機くらいの音はします。

ですが、標準モードですと近付いてやっと聞こえるくらいの音です。

 

富士通ゼネラルの脱臭機の操作ボタン

 

モードも4つあり、一定時間が経つとオートでクリーニングもしてくれます。

私の部屋は1Kですので、もちろんベッドのある部屋に脱臭機も置いてありますが、寝るときに気になる音はしません。

 

ベランダにあるエアコンの室外機の方がうるさいくらいです。笑

 

脱臭機の電気代

こちらの脱臭機の消費電力は以下の通り。

 

モード消費電力
3W
標準4W
8W
急速13W
オートクリーン25W

 

普段使う標準モードの消費電力は、4Wです。

我が家は24時間点けっぱなしなので助かります。

 

脱臭の効果

さて、肝心の脱臭効果ですが、この脱臭機を使い始めてから劇的に改善されました。

 

使い始める前は、朝ハリネズミのケージカバーと取るとむわっとアンモニア臭が立ち込め、部屋に帰ってくると開口一番に「くさっ!!」となっていました。

それが、ほとんどにおわなくなりました。

 

もちろん、においが出ていることに変わりはないので、ケージに近付くとにおいはあります。

ですが、部屋に入っただけで臭いということはなくなりました。

 

この脱臭機を購入する前は脱臭効果のある空気清浄器で対応していましたが、全く効はありませんでした。

 

ただ、そこそこお値段の張るものなので、口コミなどでしっかり調べてから購入することをおすすめします。

 

富士通ゼネラル 小型脱臭機(脱臭10畳まで ブラック)FUJITSU GENERAL PLAZION(プラズィオン) DAS-15E-B
富士通

 

一時的なにおい対策にはコレ!「しゅっバイオ触媒 消臭除菌スプレー」

 

来客があるときなど、一時的なニオイ対策としてオススメです。

ペットの消臭スプレーとしては珍しい缶でガスとして噴霧するタイプの消臭剤です。

 

ペット用なので、もちろん有害物質などは入っておらず、無香料なので安心して使うことが出来ます。

 

このガスタイプの良いところは、ケージ周りだけでなく室内全体にふり撒くことができるところです。

 

水溶液タイプの消臭スプレーは、かけた部分が濡れてしまうので壁紙にはできないですし、床にしたら拭かなければいけません。

でもこのスプレーはそういった心配もなく、部屋全体に使用することが出来ます。

 

気になる効果ですが、非常に消臭効果が高いと感じています。

スプレータイプで効果が一時的ですので、ここぞというときに使用すると良いでしょう。

 

 

においの元から消臭!「コーンリター」

 

発生したニオイをいくら消しても、においの元を何とかしないと意味がありません。

 

そこでおすすめしたいのが、床材として「コーンリター」(あるいは「コーンサンド」)を使用する方法です。

 

このコーンリターは、トウモロコシの穂軸を原料に作られた床材で、万が一ペットが口にしても安心な素材です。

消臭効果の他に、吸水性にも優れており、特におしっこを吸水してくれるため、においが発生しにくくなります。

 

使い方は、まずはペットシーツを敷いて、その上にコーンリターを敷きます。

このとき、ペットシーツは端を養生テープなどで固定しておきましょう。

こうすることで、ペットシーツの下にコーンリターが入り込んでしまうことがなく、掃除がしやすくなります。

 

コーンリターのデメリットは、コストがかかる点です。

 

販売元にもよりますが、5Lで900円~1300円。

 

下にペットシーツを敷くため、コーンリターを厚く敷く必要はありませんが、幅85cmのケージに1回1.5Lほど使うことになります。

1週間に1度の交換頻度として、1か月1080~1560円かかる計算です。

 

ですが、ニオイはかなり軽減されますので、惜しくない費用だと思っています。

 

ハリネズミには、こちらのはりねずみんみん共和国さんのコーンリターがオススメ。粒が大きく男の子にも安心です。

 

マルカンのコーンサンドは、コストパフォーマンスが良く、ハムスターやラットにピッタリ。

上のコーンリターに比べて粒が小さいのが特徴です。

 

ペットのニオイ対策 まとめ

 

ペットのニオイ対策の基本とオススメの消臭商品をご紹介しました。

 

24時間、部屋全体を脱臭したい場合 → 脱臭機の導入

一時的で良いので消臭したい場合  → 消臭スプレーを使用

ニオイを元から消臭したい場合   → 床材をコーンリターに変更

 

場合に応じて、複数の方法を組み合わせて対策すると効果が高まります。

スポンサーリンク