【まとめ】人気急上昇中のペット、ファンシーラットをお迎えしよう!

 

ファンシーラットをご存じですか?

 

ファンシーラットは欧米ではハムスターよりもメジャーなペットだそうですが、日本はまだまだ知名度はありません。

 

しかし、

ここ数年で人気が急上昇しており、ペットショップで見かけることも多くなってきました。

 

ただ、まだまだ飼育情報が少なく、飼おうと思っても入手方法やその飼い方はよく分からないのが現状です。

 

このページでは、

ファンシーラットの魅力を始め、飼うために必要な飼育用品やファンシーラットをどこからお迎えするかなど、初めてファンシーラットを飼う人向けの情報をまとめました。

 

このページはこんな人におすすめ

・ファンシーラットってなに?

・ファンシーラットが気になっているので飼い方を知りたい!

・初めてファンシーラットを飼う

 

 

スポンサーリンク

ファンシーラットってどんなペット?

 

 

ファンシーラットとは?

 

ファンシーラットとは、いわゆる「どぶねずみ」を家畜化したものです。

 

 

「どぶねずみ」と聞くと少々腰が引けてしまうかもしれませんが、欧米ではメジャーなペットだそうです。

 

日本では実験動物というイメージが強いですが、カラーや毛質、耳の形など、ペットとしての品種改良も進んでいます。

 

もちろん、

人の元で繁殖されているので、野生のネズミのような病気は持っていませんので安心して下さいね。

 

大きさは、メスは体長20cm(尻尾は含まず)、体重200~500g。

 

オスは体長25cm(尻尾は含まず)、体重300~800gです。

 

身体の大きいオスだと、例えるとリモコンくらいの大きさになります。

 

 

ファンシーラットのペットとしての魅力は?

 

頭が良い

 

意外かもしれませんが、ラットは犬ほどの知能があると言われています。

 

芸も覚えさせることも出来ます。

 

私は、この頭が良いという利点は、一緒に暮らしていく上で双方が楽しく生活出来る、ということに繋がると考えています。

 

嬉しいことや嫌なことにしっかりと反応を見せてくれて、して欲しいことを伝えてくれるので、こちらもそれに応えてあげることが出来るのです。

 

 

人に懐きやすい

 

小動物と触れ合うことって難しいと感じることはありませんか?

 

ハムスターやハリネズミは見ている分には可愛いですが、触れ合いには向かないペットです。

 

一方、デグーのような触れ合えるペットは、鳴き声でコミュニケーションをとるためアパートやマンションなどでは飼いにくいのです。

 

しかし、ファンシーラットは鳴くことはなく、しかも触れ合えるペットなんです。

 

ラットは集団で生活する動物のため、人のことも仲間だと認識するのか甘えてきたり遊びに誘ってきたりします。

 

 

きゃっぷ
これがめちゃくちゃ可愛いんですよ!

 

 

夜行性のため、昼間仕事をしている人と生活リズムがあう

 

特に一人暮らしの場合は、昼行性(昼間起きて夜寝る)の動物だと、家に帰ったら寝静まっていることが多いでしょう。

 

しかし、ファンシーラットは夜行性ですので、帰ってきたころに起きだします。

 

そのため、昼間寂しい思いをさせることもなく、飼うことが出来ます。

 

実際にファンシーラットを飼っている著者が教えるラットの魅力について、より詳しく解説!

あわせて読みたい

  「ファンシーラット」と聞くとどのようなイメージがありますか? 「ラットってネズミのことでしょ?」「ネズミって汚いんじゃないの?」 なんて、マ[…]

ファンシーラット飼いが教える「ファンシーラットの魅力」

 

 

ファンシーラットを飼うときに知っておきたいことは?

 

寿命が短い

 

寿命は平均して2年ほどで、ハムスターと同じくらいの短さです。

 

一緒にいられる時間が短いことは悲しいですが、十数年の寿命があるペットよりは飼いやすいという考え方もあるでしょう。

 

生き物を最後まで飼う、という飼い主の責務は果たしやすいのかもしれません。

 

意外と大きくなる

 

性別にもよりますが、男の子は25cmほどにもなります。

 

ですので、そこそこ広いケージが必要になってきます。

 

具体的には幅60cm高さ45cm位のケージ、もしくは幅45cm位で高さのあるケージでしょうか。

 

アレルギーのでる人がいる

 

ファンシーラットは、換毛期には毛が多く抜けます。

 

そのため、動物アレルギー体質の人ではアレルギーが出てしまうことがあるので注意が必要です。

 

実は私もかなりのアレルギー体質なのですが、幸いにも今のところアレルギーは出ていません。

 

ファンシーラットを飼う前に知っておきたい情報をより詳しく解説!

あわせて読みたい

 ファンシーラットの“日光丸”を里親として迎え入れて5か月が経ちました。 (日光丸の紹介はこちら。)  あわせて読みたい「人気急上昇中のペット、ファ[…]

ファンシーラットを飼ってみた感想

 

 

 

ファンシーラットはどこで売っているの?価格は?

 

 

ファンシーラットの入手先は主に下の5つになります。

 

ペットショップで購入する

 

ハムスターと違って取り扱いのあるお店は少ないですが、最近人気が出てきているので置いているペットショップも増えてきています。

 

ペットショップだと、1500~4000円程と少し割高になります。

 

ブリーダーさんから購入する

 

近場にブリーダーさんのお店があるのならおすすめです。

 

毛色や毛質など、珍しい種類も取り扱っているので、お目当ての子が見つかりやすいでしょう。

 

価格は2000~4000円と高いですが、その分きちんと飼育されているので安心できます。

 

即売会などのイベントで購入する

 

価格もペットショップより安価で、たくさんいる中から選ぶことが出来ます。

 

ただし、遠方から来ているショップだと移動続きで体調を崩しやすくなりますので、注意が必要です。

 

里親として引き取る

 

ねずみ算式に増える、と言われる通り、思わぬ妊娠出産で産まれた子ラットの里親を探している方から譲り受ける方法です。

 

里親サイトを利用する方が安全ですが、信頼できそうな方であればSNSから直接交渉をすることも出来ます。

 

*トラブルにならないよう十分な注意が必要です。相手の方が信頼できるかを見極めてから交渉し、受取の場所も自宅ではなくお店などの人目につく場所で行うようにしましょう。

 

ファンシーラットをお迎えする方法について詳しく解説!

あわせて読みたい

  人気急上昇中のペット、ファンシーラット。 ファンシーラットを飼いたい!という人も増えてきました。 ですが、まだまだ一般的なペットではないので、「ファ[…]

ファンシーラットをお迎えする方法

 

 

ファンシーラットの飼育用品と飼い方

 

ファンシーラットを飼うときに必要なものは、

 

・ケージ

・床材

・寝床

・餌入れ

・給水器

・エサ

 

です。

 

基本的な飼い方は、ハムスターやマウスと変わりません。

 

毎日ごはんとお水をあげて、週に1度ていどの頻度で床材を交換するという飼い方ですね。

 

ハムスターと違うところは、毎日15分から30分はケージの外に出して遊んであげる必要があるということです。

 

ファンシーラットは群れで生活している動物なので、仲間と触れあったり遊んだりすることはストレスの面からみても重要なことです。

 

ファンシーラットを飼い始めるときに必要な飼育用品をその選び方のポイントを解説!

あわせて読みたい

  名前や芸を覚え、犬のように懐いて飼いやすい!人気急上昇中のペット、ファンシーラット。 「ファンシーラットを飼うにはどんなものが必要なの?」「飼育用品がたくさんあってど[…]

ファンシーラットを飼うときに必要な飼育用品

 

 

 

スポンサーリンク

「ファンシーラットをお迎えしよう!」 まとめ

 

 

このページでは、

ファンシーラットとはどんなペットか?その魅力、ファンシーラットのお迎えの方法、そして飼育用品についてまとめました。

 

こちらはまとめページですので、より詳しく知りたい方は各リンク画像をクリックして詳細ページもチェックしてみてくださいね。

 

ファンシーラットについて学んで、

あなたも、楽しいファンシーラットとの生活をスタートしてみてはいかがでしょうか?

 

 

ブログランキングに参加しています!

下のバナーをポチッと押して、応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


ペットランキング

 

 

スポンサーリンク