【2019年】初めてのiPadに第3世代iPad Airを選ぶべき理由

 

意図せずしてApple製品に囲まれてきた私ですが、何故かiPadに関してはあまり興味がありませんでした。

 

きゃっぷ
きゃっぷ

パソコンもOfficeを使うくらいで、あとはiPhoneで済ませていました。

 

しかし、本格的にブログを書くようになり、ノートパソコンをいちいち立ち上げるのが億劫になってきました。

 

タブレットなら、電子書籍も読みやすいし、メモもとれちゃう。

良いことばかりじゃないか、とタブレット端末の購入を検討し始めました。

 

AndroidタブレットやWindowsタブレットも考えましたが、写真などをiPhoneと同期しやすいiPadに決めました。

 

でも、iPadと言ってもモデルが色々出ているんですよね。

どのモデルが私に合っているのか分からず、ネットで調べて第3世代iPad Airを購入しました。

 

このiPad Airですが、私のように初めてiPadを持つ人にピッタリだったので、他のモデルと比較しながら解説します。

 

[ad]

 

 

スポンサーリンク

第3世代iPad Airと他のモデルの比較

 

サイズと重量

 

 サイズ重量
第3世代iPad Air10.5インチ456g
iPad Pro 11インチ11インチ468g
第6世代iPad9.7インチ469g
第5世代iPad mini7.9インチ300.5g

*重量はwi-fiモデルの重量です

 

ディスプレイの大きさはiPad Proの11インチモデルと同じくらいですね。

iPad Proはホームボタンがないため、スッキリとしたデザインです。

 

大きさや重さでは、小ささを売りにしてるiPad miniに比べると随分大きく感じるでしょう。

 

iPad Proは12.5インチのモデルもありますが、ここでは割愛させて頂きます。

 

 

その他スペックと価格

 

 チップディスプレイカメラ価格(税抜)
第3世代iPad AirA122224×1668pixel12メガピクセル¥54800
iPad Pro 11インチA12X2388×2048pixel8メガピクセル¥89800
第6世代iPadA102048×1536pixel8メガピクセル¥37800
第5世代iPad miniA122048×1536pixel8メガピクセル¥45800

*第6世代iPadは32GB、その他は64GBモデルの価格

 

チップは、iPad Proが最上級となっていますが、第3世代iPad Airはその1つ下ですので、悪くはありません。

しかし、より低価格の第5世代iPad miniと同じチップですので、お得感はありません。

 

第6世代iPadは、価格は安くて魅力的ですが、2世代も前のチップですね。

 

 

アクセサリ

 

 

Smart Keyboard 

Folio

Smart Keyboard

Apple Pencil

(第2世代)

Apple Pencil

(第1世代)

第3世代iPad Air××
iPad Pro 11インチ××
第6世代iPad×××
第5世代iPad mini×××
価格(税抜)¥19800¥17800¥14500¥10800

 

文字を打ったり、イラストを描いたり、メモをとる場合はキーボードやスタイラスペンが必要です。

純正でなくても良いのであれば、それぞれのモデルに対応した商品を使うことが出来ます。

 

しかし、やはり純正品だと使用感も良いですし、純正を使いたい方も多いはずです。

その場合は、上の表のようにモデルによって使えるアクセサリが異なりますので、注意が必要です。

 

 

第3世代iPad Airが初めてiPadを買う人におすすめな理由

 

第3世代iPad Air

 

 

前項でサイズやスペックなど、各モデルの比較をしました。

 

正直、第3世代iPad Airは特出して良いスペックを持っているわけではありません。

サイズや重さもiPad Proと変わらないですし、スペックはより低価格のiPad miniと同等。

 

唯一、iPad miniより秀でているのは、Smart Keyboardが使えることぐらいでしょうか。

それだって、純正にこだわらないならメリットにはなりません。

 

ですが、初めてiPadを持つ人にとっては、過不足のないモデルと言えます。

 

上位モデルのiPad Proはスペックこそ良いですが、価格は非常に高価です。初めてのiPadを使いこなせるか分からない人には、手が出しにくいでしょう。

 

それに、そこまでのスペックのタブレット端末が必要な人は限られています。普通に動画や電子書籍、ネットサーフィンを楽しみたいだけの人であれば他のモデルで十分です。

第3世代iPad Airのチップは、iPad Proの前モデルより性能が良く、しかも価格はiPad Airの方が安いのでお得感があります。

 

また、第5世代iPad miniは、イラストを描いたり文字を打ち込むには画面が小さいというデメリットがあります。

動画や電子書籍にはピッタリのモデルではありますが、大型化しているスマホとの使い分けがいまいちハッキリとしないでしょう。

あまりタブレット端末らしくないモデルではあります。

 

一方、第3世代iPad Airは、画面が大きく動画や電子書籍も見やすく、タブレット端末らしいサイズです。

純正のSmart KeyboardやApple Pencilも使用でき、文字を打ったり、イラストを描いたり、メモをとるなど書き込みをしたい人もストレスなく使用できるでしょう。

 

また、価格も¥54800とiPad Proより断然安く手に入ります。

純正アクセサリもiPad Proより安いので、総額を抑えることが出来るのも良いですね。

 

他のモデルに比べて秀でている部分がないですが、不足しているところもなく、価格やスペックを総合すると非常に使いやすいモデルと言えます。

 

初めてiPadを購入する人に第3世代iPad Airをおすすめしたい理由

・チップの性能は1つ落ちるが、普通に使うには十分

・価格はiPad Proの前モデルより安い

・タブレット端末らしい大型ディスプレイで、動画や電子書籍、イラスト作成などが楽しめる

・純正のSmart KeyboardとApple Pencilが使える

総合的に見て、癖がなく使いやすいモデルである

 
 

まとめ

 

 

iPadをパソコンの代わりに使いたい場合はiPad Proを、片手サイズで電子書籍や動画を楽しみたい場合はiPad miniを選ぶと良いでしょう。

 

しかし、初めてiPadを使ってみようと考えている人は、大きな画面で動画や電子書籍を見たり、イラストを描いたり、少しはキーボードで文字を打ち込む予定がある場合が大半だと思います。

 

その場合は、iPad Proほどのスペックはいらないし予算もない、iPad miniではサイズが小さい。

と、他のモデルでは良い面もあれば悪い面もある、ということが起きるでしょう。

 

第3世代iPad Airは、メリットとデメリットのギャップが一番小さいモデルですので、初めてiPadを購入する方にはマッチしやすいモデルと言えます。

 

「とりあえず、第3世代iPad Airを買えば間違いない」と言えるモデルだと思います。

 

 

 

最新情報
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。