スポンサーリンク

【2019年5月Google AdSense】確実に合格するために抑えるポイント

スポンサーリンク

 

年々難しくなっていると言われているGoogleAdSense(グーグルアドセンス)の合格。

 

合格するために必要な条件などを書いた記事が多く公開されています。

 

しかし、アドセンス合格の条件は毎月のように変わっており、昨年の情報はおろか、数か月前の合格情報ですら現在は参考にすることが出来なくなっているのが現状です。

 

そんな中、私はアドセンスに合格したばかりの方のブログを研究し、見事アドセンスに合格することが出来ました。

 

2019年5月にGoogleアドセンスに申請しようと考えている方向けに、アドセンスに合格するコツをご紹介します。

 

確実に合格するためのポイント

 

アドセンス申請日はブログ開設から1週間空ける

 

ブログの運営期間が短いと、ブログの信頼性が低くなります。

 

また、日が浅いとまだインデックスされていないこともあるため、アドセンスの申請はブログを開設してから1週間後以降にしましょう。

 

記事数は7~10記事がベスト

 

記事数は最低3記事、確実に合格したいのなら7~10記事にします。

 

何故なら、記事数が増えれば増える程、アドセンスのポリシーに反する箇所が出来てしまう確率が高くなるからです。

 

記事を少なくすることで、意図せずして他者の記事に似てしまうことでコピーコンテンツとみなされる文章が入ったり、NGワードが入ってしまったりする可能性が低くなります。

 

すでに記事をたくさん投稿してしまっている場合は、厳選した記事だけを残し、あとは下書きに戻しましょう。

 

このとき、下書きに戻した記事のインデックスが残ってしまっている場合があるので、後述する「古いコンテンツの削除」で確実にインデックスを削除します。

 

ただし、削除した下書きを復活させるときはパーマリンクを新しく設定して投稿するようにします。

 

とりあえずは特化型ブログにする

 

雑記型ブログを目指している場合も、アドセンス合格までは特化型ブログとして運営しましょう。

 

記事数は10記事以下で申請するので、特化型でもネタに困ることはないはずです。

 

記事数が少ないのに雑記ブログのようにバラバラなカテゴリーの記事ばかりだと、価値の低いコンテンツとみなされる場合があります。

 

カテゴリーは3つ作って、2記事以上入れる

 

カテゴリーは3つに設定し、1つのカテゴリーに2記事以上入れるようにします。

 

偏りがあると、これも価値が低いとみなされやすくなります。

 

特化型なのにカテゴリーは3つも作るのか?と疑問に思われるかもしれませんが、全く関係のないカテゴリーではなく、関連性のあるカテゴリーを3つ作ります

 

例えば、私の場合は「ハリネズミ」「アクアリウム」「ペット」の3つを作りました。

 

全てペット関連のカテゴリーですが、それをさらに細分化したイメージです。

 

記事数は、「ハリネズミ」3記事、「アクアリウム」2記事、「ペット」4記事でした。

 

文字数は2000字以上で読みやすく

 

文字数に関しては、1000~1500字でも良いかもしれませんが、確実に合格したいのなら2000字は書いた方が良いでしょう。

 

もちろん、内容はコピーなどをしていないオリジナルのものを用意し、見出しを付けて読みやすくします。

 

画像はフリー素材や、自分で撮ったものを使うようにしましょう。

 

アフィリエイトは貼らない

 

貼っていていも合格する人はいますが、貼らないに越したことはありません。

 

アドセンスの合格を目指すのなら、合格してから貼っても遅くはないでしょう。

 

健康、お金系の記事やNGワードに注意

 

確実な合格を目指すなら、健康やお金が話題の記事は避けます

 

NGワードも入れてはいけません。

 

「死」は別の言葉、例えば「亡くなる」などに置き換えましょう。

 

「薬」に関しては、私は「魚病薬」などの単語をいれていましたが大丈夫でした。

 

削除したページのインデックスは確実に消す

 

これをやっておらず、削除ページが残ったままになって審査でチェックされ、「価値の低いコンテンツ」と判断されている方が多くいるようです。

 

削除ページがインデックスされているかを確認するためには、ブログのURLの前にsite:をつけて検索をします。

 

検索にあがってきたページが、コンソールにインデックスされているページになります。

 

ここに削除ページがある場合は、インデックスされたままになっている可能性がありますので、「古いコンテンツの削除」で削除依頼をしましょう。

 

ただし、削除してもすぐには反映されず2~3日かかることがあるので、申請したい日の2日前には削除依頼を済ませておきます。

 

確実に合格するためにやっておきたいこと

 

プライバシーポリシー、お問い合わせ、プロフィールページを作成

 

プライバシーポリシーはなくても大丈夫と言われていますが、アドセンス合格後は必須となりますので、最初から作っておくことをおすすめします。

 

ひな形のコピペでもかまいません。

 

プロフィールページも簡易的なもので十分です。

 

私は、年齢・性別・趣味・一言、くらいしか記載していませんでした。

 

サイトマップはHTMLサイトマップとXMLサイトマップ両方作る

 

こちらも作る必要はないと言われることもありますが、合格を確実にするために両方作っておきます。

 

ちなみに、XMLサイトマップはコンソールが認識するためのもの、HTMLサイトマップは読者にブログの全記事を案内するためのものです。

 

読者を重視しているGoogleですので、HTMLサイトマップも用意しておいた方が良いでしょう。

 

Google アナリティクスとコンソールに登録・連携

 

コンソールに登録することで、ブログを見つけてもらい検索エンジンにひっかかるようになります。

 

またアナリティクスは、ブログ運営にはかかせないものです。

 

この2つのツールはブログ運営を最適なものにするのに欠かせないものであり、これらを導入しているブログはGoogleに認められやすいというのは、ツールの意義からも納得だと思います。

 

アドセンス合格には必須ではないとの意見もありますが、いずれ使うことになりますので、ブログ開設時に導入しておくことをおすすめします。

 

審査結果が2日以内に来ない時は改善が必要

 

SNSでアドセンス合格について調べていると、審査結果は深夜から明け方にかけて送られてくるようです。

 

つまり、申請したブログに問題がなければ翌朝か、翌翌朝までに合格通知が届くと思われます。

 

それが届かないということは、ブログに何か問題や足りない部分があるため審査が長引いている可能性があります。

 

前述のポイントや、やっておくことがきちんと出来ているかを確認してください。

 

もし、それが完璧なのであれば、足りないのは記事数や文字数だけでしょう。

 

なるべく毎日、ないしは隔日に記事を追加で投稿するようにしましょう。

 

このとき、カテゴリーが偏らないように注意します。

 

記事数の問題であれば、ある程度記事が増えた段階で合格通知が届くはずです。

 

 

まとめ

 

Googleアドセンスの合格は以前よりも難しくなっていると言われています。

 

ですが、上記のポイントを押さえ、質の良い記事を書いていれば誰でも合格は出来ます。

 

特殊な技能やテクニックも必要ありません。

 

1発で合格できるよう、しっかりと審査に備えましょう。

ブログ関連ペット
スポンサーリンク
きゃっぷをフォローする
きゃっぷの自由気ままな1K暮らし

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。