【2019年】Googleアドセンス合格体験記

 

昨日、当ブログはGoogleが提供する「Google AdSense」(以下アドセンス)に合格することが出来ました。

 

 

GoogleAdSenseとは・・・

Googleが運営するブログなどのWebサイトを運営している人向けの広告配信サービスのこと。

運営者は、このプログラムを使って、自身のサイトに貼った広告から収入を得ることが出来る。

広告はサイト閲覧者(読者)の興味思考に合わせて自動で内容が変わり、クリックされると運営者側に報酬が発生する仕組みになっている。

このプログラムを利用するには、Googleの審査が必要で、サイトがある一定の条件を満たしていないと審査に合格できない。

 

WordPressでブログを始めて9日

 

早い合格のように思われるかもしれません。

 

しかし、

はてなブログでアドセンス申請が出来ずに1か月も時間を無駄にしたり、

WordPressに移行してからもインデックスにはてなブログの記事が残ってしまったりと、ずいぶん遠回りや苦労をしました。

 

 

きゃっぷ
コメント長い道のりでした…。

 

 

これからGoogle AdSenseの審査を受ける方の参考になれば良いなと思い、私の体験談をご紹介しようと思います。

 

 

はてなブログとは・・・

ブログサービスの一つで、AmebaブログやFC2ブログなど同様に初心者でも簡単にブログを開設することができる。

無料で利用することが出来るが独自ドメインは使えない。

Googleアドセンスの申請には独自ドメインが必要なため、はてなブログProという有料版を契約する必要がある。

 

 

WordPress(ワードプレス)とは・・・

ブログやサイトを作成することのできるサービス。

テーマと呼ばれるテンプレートには無料で使用できるものもあるため、運用に費用はかからない。

ただし、はてなブログと違って、レンタルサーバーというものを別で契約する必要がある。

要は、作ったブログをインターネットネットワークに繋ぐのに必要となるもの。

 

 

独自ドメインとは・・・

インターネット上での自分のサイトの住所。

https://○○○.com/の「○○○.com」の部分のこと。

独自ドメインは、○の部分を自分の好きな文字列にすることが出来る。(.comだけでなく.jpなども選ぶことが出来る)

 

 

 

スポンサーリンク

GoogleAdSense合格時のサイトデータ

 

ブログ作成ソフト:WordPress(テーマ:Cocoon)

レンタルサーバー:XSERVER(プラン:X10)

 

ブログデータ

アドセンス合格時のサイトデータ

 

その他に特記事項としては、Google AnalyticsGoogle Search Consoleに登録していました。

 

Google Analyticsとは・・・

Googleが提供するアクセス解析ツール。

簡単に言うと、自分のサイトに何人が訪れて、どのページをどれくらいの時間閲覧したかなどが分かるサービス。

 

 

Google Search Consoleとは・・・

同じくGoogleが提供するサイトのパフォーマンス管理・監視システム。

パフォーマンスというのは、サイトがきちんと検索にひっかかるようになっているか、検索に上がった回数やクリックされた回数、どんなワードで検索されたかなどを指す。

 

 

 

Google AdSense合格までの遷移

 

 

2019年

  2月22日 はてなブログProでブログ開設

  3月29日 1回目のアドセンス申請

  4月11日 不合格通知、すぐに2回目の申請

  4月25日 不合格通知、3回目の申請

  4月27日 不合格通知、4回目、5回目の申請

  4月28日 はてなブログProからWordPressに移行

  5月6日  アドセンス申請

  5月7日  アドセンス合格

 

ざっくりと一覧にしましたが、説明を入れながらもう少し詳しく経緯を追っていきましょう。

 

 

2019年2月22日 はてなブログProでブログ開設

 

 

ブログを開設する前から、アドセンスの合格を目標にしていたので、独自ドメインの使える『はてなブログPro』にしました。

 

もともと『はてなブログ』をやっていたのと、サーバー契約の要らないことから決めました。

 

しかし、これが悪夢の始まりとは思ってもいませんでした

 

 

ちなみに『はてなブログPro』は使い勝手も良く、割とCSSもいじれるので不自由はなかったです。

 

これでアドセンスが合格出来るのなら、私はそのままでも良かったと思っています。

 

3月29日 1回目のアドセンス申請

 

「アドセンスの申請には30記事以上ないといけない」との情報を仕入れていたので、それ以上になるまで毎日記事を書き続けました。

 

この時のサイトデータは以下の通りです。

 

アドセンス不合格時のサイトデータ

 

ブログ開設から約1か月となり、記事も30記事以上たまったので、アドセンスの申請を行いました。

 

ほとんど調べずに申請したため、グローバルメニューは作っていませんでした。

 

プライバシーポリシーなどが必要なことを知って、あわてて追加しました。

 

追加したのは、

プライバシーポリシー

運営者情報

お問い合わせ

の3項目です。

 

 

プライバシーポリシーとは・・・

簡単に言うと、サイト運営で得た個人情報の取り扱いについての方針。

おそらく1度はどこかで見たことがあるはず。

 

 

グローバルメニュー(グローバルナビゲーション)とは・・・

サイトの主要ページへの案内リンクのこと。

サイトのどのページにも表示されていて、主にページの上部や一番下に並んでいる。

 

 

 

4月11日 不合格通知後、すぐに2回目の申請

 

2週間弱待って、やっと結果が来ました。

 

ちなみに、審査中も記事を毎日書いていました。

 

「サイトの停止または利用不可」で不合格。

 

サイトはちゃんと存在するのに何故?と思いましたが、

申請したURLが「https」ではなく「http」になっていたことに気づきました。

 

すぐに「https」に直して再申請をしました。

 

 

4月25日 不合格通知、3回目の申請をするも・・・

 

またも2週間弱で不合格通知が届きました(この間も記事は書き続けました)。

 

しかし、今度の理由は「価値の低い広告枠」でした。

 

今回はちゃんとサイトを見つけてもらえたようです。

 

 

それより、「価値の低い広告枠」って結構傷つきますね・・・。

 

調べてみると、価値が低いとみなされる理由はたくさんあるようでした。

 

記事や画像のコピーがあったり、記事数や文字数が少なかったり、Googleのプライバシーポリシーに違反する内容であるなど、原因を絞り込むことが出来ません。

 

 

私の場合は、コピーもしていないし記事数は十分ではないかと思いましたが、何かが引っかかっているのだということは分かります。

 

ブログを開設してから毎日更新していたため、この時の記事数は約60記事

 

とても1つ1つチェックできる数ではありません。

 

仕方がないので、文字数が2000文字以上でアフィリエイト広告の入っていない20記事ほどを選抜して、あとは下書きに戻しました。

 

 

これで大丈夫!と4回目の申請をしようと審査用コードをサイトに貼って申請ボタンをクリックすると「お客様のサイトにリーチできません」のエラーメッセージが出てきました。

 

初めて見るメッセージです。

 

調べてみると、

 

・申請したURLに間違いがある

・サイトが公開されていない

・AdSense クローラーがブロックされている

・SSL証明書を取得していない

 

などが原因だそうです。

 

しかし、再申請をしているので前回の申請条件を変更はしていません。

 

なのに何故か、サイトがないと言われているようです。

 

そんなはずはないので、

何度も「再チェック」ボタンをクリック→「サイトにリーチできません」を繰り返すと、最後には「チェックのし過ぎです。

 

24時間後に再度申請をして下さい」との文言が出てしまいました。

 

 

きゃっぷ
なんてこった…。

 

そして24時間くらい経った頃、

「確認せずに実行」することも可能なようで、そのような文言のボタンをクリックすると申請中の画面(申請用コードのページ)が出てきました。

 

 

きゃっぷ
コメントあれ?なんだか申請できたっぽい…。

 

 

よく分からないけど、

なんだか審査には進んだようだし、キャンセルしようにもアカウントボタンが押せないのでそのまま放置しました。

 

 

SLL証明書とは・・・

そもそもSLLとは、インターネット上での通信を暗号化する技術のことで、情報を第三者に傍受・改ざんされないようにすることが出来る。

SLL化されていると、サイトのURLが「http」から「https」に変更される。

SLL証明書は、SLL化されたサイトが運営者のものであると証明するもの。

 

 

4月27日 不合格通知、4回目、5回目の申請も同じ症状が・・・

 

今度は2日で不合格通知が来ました。

 

やはり申請は出来ていたようですが、案の定「サイトの停止または利用不可」が理由でした。

 

 

もう一度申請しようとページを開くと、申請したはずのURLが変わっていることに気付きました。

 

『はてなブログ』なのでサブドメインのwwwありのURLのはずが、wwwなしのURLで表示されています。

 

URLの編集ページを開いてwwwありのURLに変更して保存しました。

 

しかし、変更したはずが表示は相変わらずwwwなしのURLです。

 

絶対におかしいと思いつつ何度変更しても変わらないので、

そのまま同じようにコードチェックするも、やはり「サイトにリーチできません」でした。

 

そして、

数時間後に「サイトの停止または利用不可」の不合格通知が送られてきました。

 

サブドメインとは・・・

ドメインの前についている「www」の部分のこと。

1つのドメインを複数個所で分けて使いたいときに設定する。

つまり、同じドメインでも「www」やその他サブドメインを付けることで別のサイトにも使うことが出来る。

 

 

 

「お客様のサイトにリーチできません」が出た場合の対処法を考える

 

こうなったらAdSenseアカウントを変えてみよう!と思いたって、

一度アカウントを削除してから別のアカウントを作って申請をしてみることにしました。

 

ちゃんとwwwありのURLでアカウントを作成しました。

 

結果から言うと、別アカウントでもサイトを認識してもらえませんでした。

 

表示されているURLも何故かwwwなしのものになっています。

 

 

調べてみると、このエラーはどうやらサブドメインが原因なようです。

 

ですが、『はてなブログ』はサブドメインが必須です。

 

これを解決するには、

wwwなしのURLからwwwありのURLにリダイレクトさせることです。

 

実はこの解決策は、ムームードメインを使っている場合は出来ません

 

お名前.comで独自ドメインをしゅとくしている場合は、「URL転送plus」という昨日でリダイレクトさせることが可能だそうです。

 

しかし、ムームードメインにはこの機能が存在しません。

 

ムームードメインでリダイレクトさせたいのなら、「ロリポップ」という有料機能を利用するか、お名前.comにドメイン移管するしかありません。

 

この「ロリポップ」ですが、

これを使ってもリダイレクト出来なかったという方や、アドセンス合格後に有料機能を停止した場合にどうなるのかは全く分かりませんので注意して下さい。

 

リダイレクトとは・・・

特定のページを別のページに転送すること。

例えば、AというページのURLをクリックすると、別のURLのBというページを表示することが出来る仕組み。

 

 

ムームードメイン、お名前.comとは・・・

独自ドメインの取得と管理ができるサービス。

他にもいろいろな独自ドメイン取得会社がある。

 

 

『はてなブログ』から『WordPress』へ移行

 

私も運悪く、ムームードメインで独自ドメインを取得していました。

 

ロリポップを使ったり、ドメイン移管を行う手間を考え、

相性の悪い『はてなブログ』から『WordPress』に移行することを決意しました。

 

 

きゃっぷ
急がば回れ、ですね。

 

 

こうして、

レンタルサーバーを契約し、WordPressを始めることになりました。

 

4月28日 はてなブログProからWordPressに移行

 

まずはレンタルサーバーを契約しました。

 

どのサイトでもおすすめされているXSERVERのX10という一番安いプランです。

 

それでもブログをやるのに機能は十分だそうですよ。

 

 

サーバーを契約したら、WordPressをインストール。

 

WordPressのテーマは、無料テーマの中でも人気のあるCocoonを選びました。

 

有料テーマの方が良いと聞きましたが、

人気のものは1万円を超えていたりするので手が出せませんでした。

 

 

『はてなブログ』で書いた記事はエクスポート機能は使わずに、記事の整理をしつつ手作業で行いました。

 

このときの記事数は65記事ほどでしたが、そこまで大変ではなかったです。

 

 

インデックスされたURLを消す

 

一番困ったのは、

『はてなブログ』で消した記事がインデックスに残ってしまっていたことです。

 

XSERVERは、サブドメインのwwwありなしに関係なく、URLをリダイレクトしてくれます。

 

そのため、

wwwありのURLの『はてなブログ』で書いた記事も表示されてしまうのです。

 

消した記事だと「404」エラーとなり、このページがインデックスされていると、アドセンスがページの中身がない=価値の低い広告枠となる可能性があることを知りました。

 

ページがないので、インデックスはいずれ自然に消えるそうなのですが、それは何週間先になるか分かりません。

 

そこで、強制的にインデックスから削除することにしました。

 

具体的には、コンソールの「古いコンテンツの削除」で消したいURLを入力して、削除をリクエストします。

 

表示が「保留」なったら、半日ほどで「削除済み」の表記に変わると思います。

 

ですが、

私は「削除済み」になっていても、インデックスは残ったままでした。

 

2日後くらいに完全にインデックスから削除されていたので、少し時間がかかるようですね。

 

自然に消えるのを待つよりは確実かと思います。

 

 

ちなみに、

自分のサイトのURLの前にsite:を入力して検索すると、インデックスされているページがあがってきます。

 

消した記事が検索にあがらなければ、完全に削除されたと考えて良いでしょう。

 

インデックスとは・・・

クローラーが集めたサイトページが検索エンジンのデータベースに登録されること。

「インデックスされる」=「検索エンジンに自分のサイトページが認識される」

「インデックスを消す」=「検索エンジンに自分のサイトページがないと認識させる」

 

 

クローラーとは・・・

Web上の情報を収集するためのプログラム。

 

 

 

5月6日4時36分 アドセンス申請

 

404エラーの記事をインデックスから削除し、『はてなブログ』で申請したときと別のアドセンスアカウントを作って、準備万端でアドセンスを申請しました。

 

このときのサイトデータは最初に示した通りです。

 

CocoonのCSSは、記事の見出しとサイドバーの見出しデザインを追加したくらいです。

 

ヘッダーはブログタイトルの入ったオリジナル画像に変更しましたが、その他のサイトデザインはほとんど設定を変えていません。

 

おしゃれ感はないですが、シンプルで見やすいとは思います。

 

グローバルメニューは、申請直後はフッターとサイドバーに表示していました。

 

ただ、

Googleの推奨としてはヘッダー下の方が良いらしく、アドセンス申請後にあわててヘッダー下にも表示させるようにしました。

 

 

審査中は、グローバルメニューをヘッダー下にも表示させる変更を加えただけで、サイト内は特に触りませんでした。

 

触り過ぎるとエラーの元になり、不合格の原因に繋がると考えたからです。

 

ヘッダーとは・・・

ブログの上部分、ブログタイトルが表示されている部分のこと。

 

 

 

5月7日1時54分 アドセンス合格

 

アドセンス合格通知の女性の横顔

 

1日も経たずに合格通知が来ました。

 

1週間くらいはかかるのかと思って覚悟していましたが、サクッと合格してしまいました。

 

苦労した分、めちゃくちゃ嬉しかったです。

 

 

GoogleAdSenseに合格してみて気付いたこと

 

 

多分これをやっていれば合格するというポイントがあることが分かりました。

 

自分自身で試したこともありますが、

他の方の合格サイトや不合格サイトを拝見して気付いたことをまとめました。

 

 

こうすればアドセンスに合格出来るPoint

・グローバルメニューをヘッダーに作る

・グローバルメニューの内容は、プライバシーポリシー・管理者情報・サイトマップ・お問い合わせ

・管理者情報は簡素なものでOK

・プライバシーポリシーはコピペでOK(心配ならすこーしだけ変えてみる)

・サイトデザインは関係なく、見やすければデフォルトでもOK

・コピーコンテンツやNGワードでひっかかる確率を下げるため、記事は10記事以下がベスト

カテゴリーは1つに2記事以上入れる

・カテゴリー数はなるべく3つは作る(関係ないという話も聞きますが念のため3つ)

・アフィリエイト広告はなるべくいれない

NGワードは絶対にいれない(「薬」の文字は使っても大丈夫でした)

・Google AnalyticsとGoogle Search Consoleは登録しておく

削除したページがインデックスに残っていないか確認する

・画像は自分で撮ったものかフリーのものを使用し、アイキャッチ画像は必ず設定

 

アドセンスの合格基準は日々変わるそうですが、

2019年現在はこれらのポイントを抑えていれば合格する傾向にあります。

 

特に、記事数をなるべく少なくすることをおすすめします。

 

ただし、

合格通知が1日以内に届かない場合は、サイトに何かしらの問題があると考えます。

 

記事数を増やしたり、削除ページがインデックスされていないかなどを確認して、修正してみて下さい。

 

 

まとめ

 

 

すんなりアドセンスに合格していたら、何故自分のサイトが合格できたのか深く考えなかったでしょう。

 

はてなブログでのエラーやブログ移行など、苦労はしましたが結果的にアドセンスについて少しだけ詳しくなれたかと思います。

 

 

まだまだスタートラインに立ったばかりですが、

これからたくさんの情報を皆さんにお届けできるよう日々勉強していきますので、宜しくお願いします。

 

GoogleAdSenseに合格するポイントをまとめました

 年々難しくなっていると言われているGoogleAdSense(グーグルアドセンス)の合格。 合格するために必要な条件などを書いた記事が多く公開されています。 しかし、ア[…]

 

 

 

2つ目のブログもGoogleAdSenseに合格しました。

 

あわせて読みたい

 6月に入り、このペットブログの他にもう1つブログを立ち上げました。 そのブログをGoogle Adsenseの申請に出し、この度無事に審査を通過しましたので、そのときのサイトデータなどを[…]

 

 

最新情報
スポンサーリンク