アクセス数が少ない!ブログ初心者の悩みを解決するおすすめSEO対策本

 

アフィリエイトで稼ごうとブログを始めたは良いけれど、なかなかアクセス数が増えない。

 

そんな悩みを持っている方は少なくないでしょう。

 

ブログを始めたばかりだと、Googleなどの検索エンジンに認めてもらいにくいため、数ヶ月は我慢する必要があります。

 

しかし、ただ待つだけではなく、自身のコンテンツ(記事)作成能力を高めることで、アクセス数を増やすこともできるのです。

 

この記事では、アクセス数を集めることのできるSEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)対策のための本をご紹介します。

 

 

[ad]

 

スポンサーリンク

ブログ初心者におすすめのSEO対策本はコレだ!!

 

 

SEO対策のためのWebライティング実践講座

著者:鈴木良治

 

SEOとは何か?」「Webライティングとは?」という基礎的な部分から導入が始まるので、ブログを始めたばかりの方でも読みやすい本です。

 

キーワード選定などコンテンツの企画から記事の編集までを、例題を元に実際に作成していく流れになっており、より実践的な内容です。

 

他のSEO対策の指南書を読んだけどうまく実践できていない、と感じている方にもおすすめの本です。

 

 

この本をおすすめしたい人

・ブログを始めたばかり

・ブログ開設から3カ月以上たったけど、アクセス数が少ない

・記事の書き方が分からない、または自己流で記事を書いている

・ブログに慣れてきて、SEOを意識したコンテンツを作成したい

 

 

気になる内容は?

 

 

SEO対策におけるWebライティングのあり方

・企画(ニーズ、テーマ、キーワードの選び方)

・執筆(伝わりやすい文章構成)

・編集(文章量の調整法、キーワード出現率、画像の使い方)

・校正(誤字、禁止表現、難解表現のチェック方法)

・アクセスを意識したキャッチコピーの作り方

・アクセス解析の活かし方

・ブログ作成に使える無料ツール

 

本のタイトルに「Webライティング」と入っているように、特にコンテンツ(記事)の作成方法に焦点を当てているのが特徴です。

 

キーワードの選び方などは他のSEO対策本でも解説されていますが、ブログ初心者がそれを実践するのは難しいでしょう。

 

本書では、不動産屋が賃貸物件をWebで紹介するという例題を使っています。

ニーズやテーマを決め、キーワードを意識してコンテンツを作成し、編集、校正していくので、自身で記事を書く際にそのまま当てはめて使えるのです。

 

 

SEO対策におけるWebライティングのあり方

 

導入部分では、SEOWebライティングの概略を説明しています。

難しい言葉は一切使用せず、初心者でもスルスルと読めます。

 

この章を読むだけで、SEOに関する知識をつけることができるでしょう。

 

 

企画(ニーズ、テーマ、キーワードの選び方)

 

企画の章では、ターゲットを絞り、それに合わせたキーワードを選んでいきます。

 

キーワードやニーズを調べるためのツールの紹介と使い方も記載されているので、この本を見ながら進めていくと、難なく効果的なキーワードを選ぶことができます。

 

キーワードの表記、例えば「引越し」と「引っ越し」の違いなど、細かい部分についても注意すべき点などが書かれており、大変参考になりました。

 

 

執筆(伝わりやすい文章構成)

 

読みやすい文章構成の作り方など、どのように文章を組み立てれば良いかが書かれています。

 

私が特に目からウロコだったのは、「値の表記」です。

値の表記方法を変えることで、数字を多く見せたり少なく見せることができるのです。

 

数字1つをとっても、読者への伝わり方が変わるので気が抜けないと気付かされました。

 

 

編集(文章量の調整法、キーワード出現率、画像の使い方)

 

ブログでは文章量の調整はあまり気にしなくて良いと思いますが、一文の長さ調整などは必要になるでしょう。

 

どこで文章を切るか、重要単語の強調の仕方など、例題をもとに調整するので実践に移しやすいです。

 

SEO対策としてキーワードは重要ですが、どうやって使えば良いか分からない方もいるのではないでしょうか?

 

ただ闇雲にキーワードを入れても意味はなく、むしろキーワードが多過ぎるとペナルティーが発生してしまいます。

 

本書では、文章中のキーワード出現率を調べて調整する方法も記載されています。

 

 

校正(誤字、禁止表現、難解表現のチェック方法)

 

校正ツールを使用して、作成した文章を校正する方法もきちんと書かれています。

 

誤字や脱字をチェックする方は多いと思います。

しかし、禁止表現や難解表現(一般にはあまり使われない言葉や読みにくい言葉)の確認をしている人は少ないかもしれません。

かく言う私も、そこまではチェックしていませんでした。

 

 

アクセスを意識したキャッチコピーの作り方

 

キャッチコピー、つまり記事のタイトルですね。

 

SEOを意識したタイトルの付け方はよく知られていますが、ここではクリックされやすいタイトルの付け方についても解説しています。

 

「理由」「なぜ」「注意」「どうやって」「もし」などの言葉を、記事の内容に合わせて選ぶ方法は、とても勉強になりました。

 

 

アクセス解析の活かし方

 

多くの方が利用しているGoogle AnalyticsGoogle Search Consoleの使い方が載っています。

しかし、2015年に出版された本のため、情報が少し古いのが残念です。

 

検索エンジンに表示された回数やクリックされた回数などを見ることで、その記事の改善点を見つけることができます。

 

この本に書かれているライティング方法を実践してもアクセス数が伸びない場合は、どのように解析して改善すれば良いかを解説してくれています。

 

 

ブログ作成に使える無料ツール

 

キーワード選定やキーワード出現率、文章校正ツールの紹介をしています。

 

使い方についても、ツールの登録方法から写真付きで解説されていて分かりやすいです。

 

 

あとがき

 

ブログへのアクセス数が少なく悩んでいる方におすすめのSEO対策本、SEO対策のためのWebライティング実践講座」を紹介しました。

 

初心者向けに分かりやすく丁寧に書かれており、サクサクと読めてしまう本です。

 

内容も、基本から少し細かいところまで解説されていて、他のSEO対策本を読んだことのある方でも知らなかった情報を得ることができるでしょう。

 

特にWebライティングがメインの本ですので、記事の書き方に悩んでいる方にもおすすめのSEO対策本です。

ブログを始めたら1度は目を通しておきたい本でもありますね。

 

記事作成についてはこちらで全て完結できますので、Webライティングに関する本をお探しの方は、ぜひ読んでみてください。

 

最新情報
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。